2022年04月21日

教えるのが苦手

コミュニケーションの苦手な人は
「話す」だけでなく
「報告する」「説明する」など
言葉にすること全般が不得意です。
その中でも時々出てくるのが
”人に教えるなんてとんでもない”
という会話です。

確かに、教えるとなると
細かいことを話したり説明したりが
必要になってくるのですが
それ以外では
【妙に口調が変わってしまう】
という話を聞いたこともあります。

いつもどおり普通に話したらいいのに
なぜだか”偉そうな態度”とか
”威圧的な態度”とか”怒った態度”
変貌してしまうことがあるのだそうです。

これは稀なケースなのかもしれませんが、
教えることが苦手な人には
使えそうな方法を見つけたので
今回、書いてみますね(^^)

あ、そうそう…
この方法を考えていたいきさつは
法律に触れないような
話し方を考えていた時
使えるなぁとおもったのです。

この頃は
どんどん法律が厳しくなっています。
私たちカウンセラーは、
医療法とか景表法などの
【法律に引っかからない
  話し方を求められています】
サプリメントなどもそうですよね。
「改善します」「治ります」など
使ってはいけない言葉が
覚えきれないくらいあるみたいで…
もううんざり(-_-;)
*****まとめ*****
簡単に言いますと、
【受け売りで話す方法】です。

・本で読んだことがある
・〇〇さんから聞いた
・ニュースで言ってた
こんな感じです(笑)

例えば、
仕事を新人に教えるとき
自分がベテランという自負が無ければ
「私が教える立場にない」などと
思ってしまうかもしれませんし
プレッシャーに弱ければ
脳内パニックになりますよね。

そのような時は、
【人から聞いた話を伝える】
という心もちにしてみると
上手に伝えられるかもしれません。

プレッシャーの原因は
【自分の発言に対する責任を】
感じすぎるところにあると思うので
自分以外のツールからの情報ならば
少しプレッシャーが減ります。
「こういうふうに聞いたよ」
「こんなふうに教わったよ」
これは私も使っています。

もしその中で、
自分の考えを求められたときは
【肩書を外した
    個人的な意見として】
伝えるように心がけています。
*****最後に*****
自分の言葉で話せない、
誰かの受け売りは恥ずかしい、
などと思っている人も多いです。

ですが私たちが
個人的な意見を言える前には
【それまでの人生経験と
  自分以外の意見が含まれていて】
それを自分の言葉に変えて
誰かに伝えているだけなのです。

だから決して
恥ずかしいことではないのです。

仮に恥ずかしい思いをするとしたら、
【誰かの言葉を
   あたかも自分の言葉のように】
表現してしまうことです。

これは家族間や兄弟間では
起こりやすいと思うのですが、
誰かの言った言葉を
その誰かの目の前で
他人に平然と自分の意見として伝える、
といったようなことです。

そういうことが起きると
【自分が無い人間なのね】
誤解されてしまうので
注意してくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害

2022年04月19日

自分を説得する力をつける

前回の整理整頓について
「そんなのもったいないじゃん!」
なんて思った人もいることでしょう。
だから言わせてください。
本当にもったいないと思うのなら
【最初から計画的に
   購入できたでしょう?】
それができないから
今困っているのではないでしょうか。
(自分に言い聞かせてますw)

そもそも溜め込み好きの人は
・衝動的に手に取ってしまう
・似たようなものを買ってしまう
・以前のことを忘れがち
といった特徴があると思います。
ASDタイプのような
”コレクション癖”とは違います。

こだわりの強いASDタイプなら
きっとコレクションしたものを
【良い状態で保管できるはず】
ただし、
その時期によってブームが変わり
押し入れに埋もれることもありますが(笑)
そうなってくると今度は、
【過剰な愛着や思い出にすがって】
捨てられない現象が起きます(-_-;)

さて、
お客様からも時々相談されますが
どのようにして
”捨てたい気持ちに変化させるか?”
ということがテーマになりますね。

それでタイトルのとおり
【自分で自分を
   説得する力があれば】
行動の切り替えも片付けも
辛い努力なども実現可能で、
それは人間が一番嫌いなことです(笑)
(説得できないから
    ダメな自分がいますw)

私だって説得する力があれば
もっと痩せられるのにね(笑)
*****まとめ*****
自分を説得するのは
とても難しいことなので、
【完璧を求めず
  ある程度の水準まで】
説得することをおススメします。

どういうことかというと、
片付けをしようと思ったとき
完璧主義の人たちは
”家全体で考えがちで”
【多くのものを
  失う感覚になりやすい】
というふうに私は想像します。

だから小さいエリアで考えて、
それから不要なものを
完璧に取り除くのではなくて
【少しずつでいいから】
段階的に繰り返す方が
気持ちの整理がつきやすいです。

Aという引き出しの中を
完璧に綺麗にするのではなく、
「今日はこれ捨てていいや」と
思えるものを数個ずつ捨てる…
といったイメージになります。
またほかの日にも
Aの引き出しを開いてみて
同じことを何度か繰り返せば
結果的に整理できますよね。

ですから
【これまでと
  説得の方法を変えてみて】
自分が納得できる方向に
考えてみてほしい、ということです。

私は痩せないけれど(笑)
「これ以上太らないライン」
みたいなものを決めています。
これも別の説得方法です(;^_^A
言い訳っぽくなりました。ははは。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害

2022年04月16日

思い切って捨てる

ブログ更新を
1回サボってしまいました…。
ネタが浮かんでも言葉の整理ができず
そういった意味では私、
ちょっと不調な時期におります。
申し訳ございません。

さて、
捨てられなくて困っている人たち
「まだ使うかもしれない」
「来年着るかもしれない」
色々な思いがあって溜め込みます。
以前、
「かもしれない」について
別の意味では肯定的に取り上げましたが、
整理整頓の際の”かもしれない”ほど
【アテにならないものはない(笑)】

…というわけで、今回も片付けの
おさらいをしたいと思います(^^)
(笑)をつけて書きますよ。
笑うしかないので((´∀`))ケラケラ

手が空いた時、
日常的にチェックするのは
「冷蔵庫」「食品保管エリア」
「押し入れ」「洋服」「コスメ」
などなど。
私自身が”溜め込み好き”なので
そのあたりは想像で補えますw

例えば冷蔵庫や保管食品については
【期限の過ぎているものは
     迷わず捨てましょう】
少ししか過ぎていないから
まだ食べることはできます。
でも、このタイプの人の場合は
【その食品の存在や
  調理すること自体を忘れるので】
最初からあきらめて捨てましょう(笑)

それから押し入れの中、
半日くらいの時間を用意して
中のものを全部出してみてください。
【これ何?という
   わけの分からないものが】
紛れ込んでいますよ(笑)

洋服は以前の記事にも書きましたが、
心配なのが「コスメ」です。
化粧品類には油が使われています。
「まだ使える」と
古い化粧品を取っておいて
数年後に使うのは危険です。
【油は酸化します。
   化粧品なら皮膚の上で。】
それがどうなるか分かりますよね?
シミ・シワ・皮膚炎など
さまざまな症状を引き起こします。
化粧品に関しては
【一年前のものは捨てる】
という考えで整理してくださいね。

とにかく
【迷ったときは考えずに捨てる】
というのが良いかもしれません。
もちろん後から必要になって
後悔するものもあるでしょうが、
ほとんどのものが後悔するどころか
【あっさり忘れられる存在です】
どうしても必要になった時には
100円ショップや古着屋で補えます(笑)

最後に…
「いつか」「何か」という考えは
まったくアテになりません(笑)
ものを手放すことに不安を感じ
どうしても決心がつかない、
という人はたくさんいるでしょうが
【捨てた後の解放感、
   という経験を積み重ね】
定期的に気分をすっきりさせて
リスタートの感覚をつかんでください。

誰かに背中を押されれば可能であるなら
私がいつでも
お手伝いさせていただきます(笑)
【新しい私を獲得する感覚を】
体験していただきたいところです(^^)
posted by 心療カウンセラー長谷 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革