2022年05月12日

不器用な人が気を付けること

好奇心が旺盛で積極的。
だけど
【計画性がなく
   優先順位もわからない】
といった苦手を持っている場合、
”好きなことしかやらない”
というふうに周りの目に映ります。

発達障害関連の相談でも
よく出てくる話なのですが、
悪く言ってしまうと
【不器用なのに欲張り】
なんですよね〜(;^_^A

前向きなのはとっても素敵です。
だけど個人それぞれに
キャパの限界があるわけで
それを超えてまで
手を出す、動き続けることは
ただの”欲張り”でしかありません。
もしくは、
最初は楽しみで始めたけれど
誰かに知られることによって
「ちゃんとしなくちゃ」が
どんどん増え続けてしまい
最後には”強迫観念”みたいな
気持ちで急かされて…
なんてタイプの人も多いですね。

その結果、
表面上は上手くいっていても
【しわ寄せが身近な誰かに】
行っている可能性があります。
分かりやすい例を作ると…
============================
大人気の父は羽振りが良く、
みんなにごちそうを振る舞うけれど
その準備は家族にさせるし、
お金が無くなって借金しています。
============================
親切だと喜ばれる夫ですが、
職場の人や友達ばかり優先して
子育てには一切関与しません。
============================
人当たりも良く人気がありますが
いつも身なりに気を遣う彼女、
キレイで素敵な人なのですが
部屋がとんでもなく汚くて
足の踏み場もありません
============================

これらは、不器用な人たちが
周りに良く思われて頑張った結果
【基本的な生活水準が下がり】
他の人に迷惑をかけてしまうような
ケースとして取り上げました。

「やれる人(家族)がやればいい」と
思っている人もいるかもしれませんが、
それは本来
【自分のことは自分でする】
という前提の上での話なのです。
面倒なことは誰かに押し付けて
自分の利益だけを求め続けると
大切な誰かに嫌われてしまいます。
*****まとめ*****
私たちは誰でも人と関わる以上
【最低限、自分自身の役割を】
果たす必要があります。
その役割、というのは
誰のためでもなくて
【自分を維持する機能】
みたいなイメージです。

歯を磨く、顔を洗うことなどや
掃除洗濯をするということなど。
整理整頓、ごみ捨て…etc…
「別に死なないからいいじゃん」
という言い分についても
”最低限できてから”言ってください。

気を付けておきたいことですが、
目についたこと興味あることの
あれもこれもに
手を付けないということです。
【何かを選択する
  スキルを身に付けること】
ここに注目してください。

不器用な人は、
何もかも中途半端に手を付けたり
自分のキャパを超えて引き受けたり
ある種の”計算が苦手”です。
そういった自覚があるのなら、
【一度に抱え込まず、順番にこなす】
ということも覚えていきましょう。

「我慢できない」
それはただの衝動だと認識してください。
これも生きていくためのスキルです。
無駄に手を付けてしまうと
引き際が分からなくなって
自分自身を苦しめるかもしれません。
あきらめの悪い自分や
中途半端な自分に対して
嫌悪感を抱くかもしれません。

そんな思いをするくらいなら、
【何かを手放す覚悟も】
私たちには必要だと思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害

2022年05月10日

「特別」を感じてみよう

一番になりたい、愛されたい
ということについて
何度か取り上げてきましたが、
色々と私なりに考えているうちに
ひとまず「特別感」を味わえるような
考え方を提案してみてはどうか?
ということを思いつきました。

…というのも、
連休中に友人と飲んでいる中
私の発した一言で
友人がとても喜んでくれて
それがヒントになったからです。

その時の内容になるのですが、
「偉そうな言い方に聞こえたらごめん。
 でも、私にとって
 特別に選んだ人たちとしか
 私はプライベートで会わないんだよね。
 つまり〇〇ちゃんは
 私にとっては選び抜かれた人…
 みたいな感じで、あははは(笑)」

こんな発言をした理由は簡単で、
社会人になると学生時代と違って
友達に簡単には会えなくなるし
結婚だの出産だの色々あって
【日々、限られた時間の中で】
誰に会うか、付き合うかって
すごく重要なことだと思ったのです。

この発言に対して友人は
本当に嬉しそうにしてくれました。
そしてこれは別に私だけでなくて
他の人にとっても同じこと。
その人が誰を選び抜いているか?
というふうな視点で考えると
【わざわざ時間を割いて
   会ってくれているという】
特別感が味わえるのです。
*****ポイント*****
だからといって特定の誰かが
一番になれるとは限りませんが
【特別に優先してもらえた】
という感覚は味わえると思います。

愛を感じること、受け止めることが
苦手な人にとって
これもとても難しいかと思いますが
一番になるかどうかよりは
比較的分かりやすいかと思います。
今回のケースでは、
【他人の時間をもらえる喜び】です。

これをアレンジして、
他の喜びを感じられるよう
想像してみてほしいです。
たとえば…私も想像してみますね。

多くのカウンセラーの中から
私を選んでくださったこと、
いざという時には
必ず相談に乗ってもらえたこと、
時々抜けている私を
見放さず見守ってくれたことetc…
こんな感じでしょうか。

現在進行形のことを考えると
なかなか感じにくいことなのですが
【なんとなく過去を振り返ると
       感じることができる】
そんな気がしています。
そして「ありがとう」と思います。
そういう意味では、
”今、愛を感じたいとしても”
【過去、自分が愛されてきたことを】
振り返ってみると良いかと思います。

【結果は後からついてくる】
そんな感じなのですよね。
そして、
その過去を感じられるようになると
今目の前にいる人に対しても
【その人たちとの未来に
    愛を感じられるから
       安心して関われる】
というふうに私は考えています。
もしもその関係が壊れてしまっても
”その程度の関係だった”と諦めます。

いかがでしょうか。
この考え方が
少しでも辛さ軽減に
つながるといいなぁと思います。
また他の考えが浮かんだら
記事にしたいと思います(^^)
posted by 心療カウンセラー長谷 at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革

2022年05月08日

愛は徐々に欠乏していく

3回連続して
「愛」についてお伝えしております。
これまでの投稿では、
愛の受け止め方がどうなのか?
愛を感じにくいのではないか?
といったことを取り上げました。

そもそも
愛情不足に陥ってしまう原因は
【養育者との関わり方】
関係していると言われていますが
そうとは言い切れないケースも
もちろん存在しています。

簡単に言えば、
【いつ人間不信に
    なるかは分からない】
ってことです。

養育者(メインでは親)との関係が
とても良好に続いていて
愛し愛されて満たされたとしても
成長過程のどこかで
いじめに遭ったり
恋人から裏切られたりしたことで
”人を信じられない”という
考えに変わることはありますよね。

人との関わりの中で
その時々に不適切な関わりで
【愛が徐々にそぎ落とされるような】
経験を積み重ねていけば
何が愛なのか?分からなくなります。

あからさまないじめなどがなくても
意地悪な対応をするのが普通な人が
身近にいたとすれば
日々ネガティブな経験を積むので
人付き合いそのものに不信を抱き
適切な関わり方を見失います。

私のところに寄せられる
相談の中で多いケースでは、
アスペルガー傾向を持つ人との
コミュニケーションが上手くいかず
パートナーが病んでしまうことや、
親に一貫性が無く
無関心と過干渉を繰り返すため
子供が病んでしまうことなどが
挙げられます。
*****まとめ*****
ここまで、
愛情不足という状態は
いつ起きるか分からない、
ということを書きました。

その時々の環境(関わる人)によって
愛情不足に陥るということは、
逆に考えれば
【環境を変えれば回復できる】
というふうに考えられます。

それで、
あくまでも私の感覚なのですが、
愛情を感じられるようになるには
まず、
【自分が陥っている
   メカニズムを知ること】です。
愛着関連の本を読みながら
他の心理本と併用して
自分がどういう状態か分析します。

それと同時に
【適切な関わり方を知ること】です。
周りの対応がどんなものなのか?
また、その周りに対して自分の反応はどうか?
といったことを観察してみるのです。

そして、
不適切な関わり方に気づいたら
【他の関わり方はなかったか?】
イメージしてみてください。
そうすることで頭の中に
良いイメージを定着させます。

ただ、一度見失った信頼感を
元に戻すには時間がかかります。
人間関係を整えること自体も
簡単ではありません。
回復への取り組みは工夫が必要で
一人ではなかなか難しいかもしれませんが
前向きに取り組んでみてほしいと思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革