2019年12月03日

食事は特別な行為

発達障害の傾向を持つ人たちは
【マルチタスクが苦手なので】
人と一緒に食事をすることが
苦手、ということもあります。

一人で食事をしていても
魚の身を取ろうとすると
【咀嚼が止まってしまった】
笑わせてくれたお客様もいます。
((´∀`*))ヶラヶラ

ホントに、一つずつなのね〜と
一緒に笑える関係なら良いのですが
実際には、本音を言えないことも
多いのが現状かと思います。

ところで、食べることというのは
【心のバランスと密接な関係】にあり
例えば、
摂食障害は分かりやすくて
”母と娘の関係”に焦点を当てて
考えることが基本だったりします。
(他の視点もあります)

また、食事をしている時に
分泌される脳内物質が
性交渉の時と似ているらしく
つまり、食事をするということは
【二人にとって特別な時間】
とも言えるようなのです。
(ググると出てきます)

当ルームのお客様も
食事に関しては繊細な面があり
実は、私自身にもあります。

私の場合には育った環境から
【家族で美味しい
    食事ができなかった】ことと
子育ての期間中には
【ゆっくり食べられなかった】ことで
誰かと一緒に食事する時間は
相手によっては苦痛だったりします。

それは私だけではありません。
【会食恐怖】というものがあるように
食事することに関して
何等かの感情を抱く人は
少なくないのが現状なのです。

だから、それを踏まえると
【食事をしてくれる人は
  特別な時間を過ごしてくれる人】
とも言えるのではないでしょうか。

何が言いたいかというと
ただ、美味しいものを食べる、
ただ、楽しい時間を過ごす、
それでも良いかもしれないけれど
一緒に過ごせることへの
感謝も大切だなぁ、と思うのです。

その逆に
食事に誘っても断られるときは
・心を開いてもらえない時
・警戒されている時
・それ以上踏み込まれたくない時
なのかもしれません。

相手の気持ちを察する際に
参考になればいいな、と思って
記事にしてみました。

もう年末になりました。
忘年会のシーズンですねぇ…。
マナーも含め、お互いが配慮しながら
食事の時間は特に気を付けて
楽しいひとときを過ごしましょう。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2018年12月25日

なんか調子悪い

数週間前、
「なんだか調子悪いな〜」という
日が数日間続きました。

実際には、
予定が思い通りにいかない、とか
仕事が順調にいかない、など
ちょっとストレスになることが
重なっていたかと思いますが

その程度のことは日常茶飯事なので
「なぜ今に限って…」という
気持ちになっていました。

1年を通して考えると
そういった気持ちは時々起こり、
具体的な原因が見当たらないことも
結構ありました。

このようなとき、
自分でどう対処しているかというと
【前日食べたものの見直し】
取り組んでいます。
数日前というのも考えます。

私たちには
アレルギー反応というものが
ありますよね。

たとえそれが
検査結果に現れなくても
【弱いアレルギー】
あると考えている
ドクターも世の中にはいて、
私はその考え方に
賛同している側の人間です。

なぜなら、
私自身、昔から健康優良児で
検査に引っかからない
野猿のような健康児だった…

…にもかかわらず
親には認めてもらえず否定された
【自分でも
   よく分からない不調】
抱えてきたからです。

例えばチョコレート。
私は、チョコを食べると
喉が痛くなります。
キウイやパイナップルも
時々喉の痛みが出ます。
でも、健康体です。

あなたは、
よく分からない不調に
悩んでいませんか?

もしも似たようなことがあるなら
数日前に口にしたものを
見直してみてください。

それは、
【分かりやすく
  身体症状には現れない】
だけど
【原因不明の
   メンタル不安定】として
感じられることがあるかもしれません。

私の場合は、
カップラーメンが怖いです。
息子はグラタン・シチュー系。
犬は、マカロニ。

こういうことが分かるようになると
なんとなく避けられるようになりますし、
分かったうえで食べていれば
後日の不調はリカバリしやすく
メンタルの安定を保ちやすいです。

食事ってやっぱり
大切だなぁ、って思います。

あなたもぜひ、
自分の体内に入ったものの
確認をしてみてくださいね(^^)
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2018年07月24日

お砂糖には気を付けて

昨日、空腹を満たすために
ジャムを飲んでいる
芸能人をテレビで見ました。

すっ…すごい…
という感情と同時に
「危ないよ!」という言葉も
心の中で浮かびました。

空腹時に糖分を摂取する、
…ということは…

病気で言えば、
糖尿病などのリスクがありますが
メンタルで言えば
【精神不安定】
危険性が考えられます。

お砂糖にも
【覚醒作用】をもたらす
成分が含まれていると
言われていて

摂取と同時に覚醒して
それが切れるころに
また欲しくなるものです。

何より心配なのが
【血糖値の急上昇と急下降】です。

これを繰り返すことによって
メンタルに不具合が生じてきます。

特に
【発達障害の人は要注意】です。
お砂糖以外にも
たくさんありますけれど
多くの人が知っている情報ですが
ここで改めて知ってください。

定型発達でもそうでなくても
【食べ物は精神に影響する】ことを
忘れないでほしいと思います。


「どうしても甘いものを…」

甘党ならそう思うでしょう。
そういうときは
【オリゴ糖】はどうでしょうか。

オリゴ糖は
【腸に良い成分】でできています。
色んな考え方がありますが
「腸が健康の基本」という考え方は
私も賛成しています。

「果物ならいいでしょ?」
とも思いますが
酵素摂取には重要な果物も
「果糖は大丈夫なのだろうか?」
という疑問が浮かびます。

いずれにしても摂取の程度は
ほどほどに、お願いしますね(^^)
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物