2020年01月21日

「毒親」から解放されるには

前回、私は母の悪口を書きました(^^;
私のことを、ひどい人だな…と
思う方もいることでしょうが
今回はおさらい的に
【毒親からの解放】について
記事にしてみたいと思います。

以前からのブログを読んでいる人や
個人的に私を知る人たちは
既に分かっていることですが
私はいわゆる「毒親」育ちです。

毒親の定義は複数ありますが
私の場合には大きく
・母の気分で無関心
・母の気分で過干渉
・母の枠組みが全ての基準
といったことがありました。

細かいことをあげるとキリがなく
長くなってしまうので
そこからどうやって脱却したか
その後どう考えているかを書きます。

まず、私は成人するまで待ちました。
これには前例があって
私の素行が悪かったこともあり
【母に尾行されており、
 探偵を雇って監視しようとしました】
そのため、未成年だと
私の周囲の人たちにも迷惑がかかるので
成人して気持ちの準備が整った時点で
【家を出ました】

これが第一段階です。
どうしても実家で暮らしていると
【精神的な自立が妨げられ】
娘の立場である以上は甘えが出ます。
そこで【物理的な距離をとり】
「私の足で立とう」と決心しました。

次に、幸か不幸か…
【息子が病気で生まれたことが
       家族の結束を高め】
基本的には夫婦仲を良好に保って
母が口出しできない状況を作りました。
おそらく母は、いつも
アルコール依存症の夫を持つ
自分の結婚生活と私の生活を
比べていたのだと思います。

母親というものは、
育児経験者という立場から
いちいち口を出そうとします。
それに対して口出しさせないために
【自分の家族の愚痴を
   母親に言いすぎない】ことに
気を付けたのが第二段階です。

表面上の愚痴はこぼしても
家庭内の詳細を実家に伝えないことが
【夫婦関係を混乱させない方法】です。

そして、これはたまたまですが
【私がカウンセラーになったこと】
第三段階の一部かもしれません。
母にとっては無意識の領域で
コントロールしやすかった私が
【何を言っても
   感情的にならなくなった】
というのは重要な点かもしれません。

それと同時に、
これもたまたまかもしれませんが
【自由な子育てをした】ことです。
昭和の人たちの子育ては
「〜しなければいけない」の量が
膨大で抑圧的で義務だらけです。
それを押し付けられて育った私なので
子どもにそうならないよう
常に気を遣っていたかもしれません。

小さい頃から
・自分でできることは自分で
・なるべくこき使う
・選択肢を提供する
・意思表示を指せる
・たくさんおしゃべりをする
といったことは気を付けていて
間違った選択だとしても
取返しのつくことなら任せ、
取返しが付かない場合は
話し合いに持ち込んでいました。

私の小さい頃には
私の成績や実績ばかり見ていた母が、
孫の成績を見たとしても
彼の人間性にも目を向けるようになり
優しくしてくれる人の少ない母には
【優しく口の上手い孫が救世主】にも
思えるのかもしれませんね。
グレなくて良かった、ってことです(^^;

さて、私のやってきたこと
一連の流れが正解かは分かりません。
ただ、今の私は幸せですし
一時は親に殺意を抱き、呪い、
全ての人間を敵視していた私が
今ここまで落ち着きを取り戻せたことは
これまで私を支えてくれた
全ての人への感謝に繋がります。

そして親についても
当時のような感情は消えまして、
かといってなかったことにはできず
【許せることと、
   許せないことを区別し】
親にも、軽蔑しながら感謝しています。

お互い人間ですから。
欠点もありますから。
それでも育ててくれました。
そこだけは否めません。
私自身が大した人間じゃないのに
人のことばかり、責めていられませんね(^^)
posted by 心療カウンセラー長谷 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革

2020年01月09日

人によって態度を変えるのがイヤだ

カウンセリングの中で聞いた言葉が
印象に残ったので記事にします。

発達障害傾向を持つ人や
おとなしい人、自信のない人たちは
人に指摘されたことが忘れられず
これ以上、文句を言われないように
【徹底して他人の言葉を
   守ろうとするところがあります】

若かりし頃の私も同様で、
Aさんに言われた指示に従い、
それをBさんに怒られたので
今度はBさんの指示に従ったら
次はAさんに怒られていました。
誰の言うことを聞いても
文句を言われ続けるので
私自身もどうすればいいのか分からず
最終的にブチ切れるという…(;'∀')

あぁ、もちろん本人の前では
直接暴言を吐いたりはしませんよ。
けれど不満が溜まっていくので
心がトゲトゲして悪口ばかりでした。

さて、話は元に戻って
人に指摘されることに敏感な人たちは
自分の振る舞いにも注意を払います。
そこで一人のお客様が言いました。
【人によって態度を変えたくない】と。

特に女性にはよく解る話ですが
私たちが学生の頃、
いちいち口出しする女子がいました。
自分の思いどおりにしたい女子、
気に入らないと無視する女子。
そういう女子の機嫌を取るのが
私たちが生き残るための方法でした。

そのお客さまも同様に
学生時代に女子から言われたことが
忘れられず、成人しても気がかりで
それぞれの居場所で
【同じ態度でいなければ、
      嫌われてしまう】
感じていたのだと思います。

ですが、
現実的にはそうはいきません。
それぞれの場での
【役割があり、キャラがある】のです。
当然のことながら
昔、口うるさかった女子も
その頃誰かに文句を言ったことを忘れ
自らが使い分けているはずです。

そのことを心理学の視点で表現すると
エゴグラムの考え方では
【人は常に3つの心を
    使い分けて生きている】
ということができます。
「親」「大人」「子供」の心を
誰もが持っていて
時と場合に応じて使い分けています。

その考えに則っていくと
【人前で態度を変えるのは
     当たり前のことで】
どこへ行っても同じ態度でいることは
【大人として考えられない】とも
言えるのではないでしょうか。

それから、仮に使い分けの場が
「職場」「家」「友達」「習い事」と
あったとします。
それぞれの場所で態度を変えても
【誰にもバレないことなので】
過去の体験が不安を呼ぶとしても
【現在とは関係ない】
考えるようにしてみて下さい。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革

2019年12月05日

交渉事は食事中に

前回、
【食事は特別な行為】という
内容の記事を書きましたので
ついでと言っては何ですがw
得する情報もお伝えします(^^)

ビジネスマンとか
心理学に携わる人の多くが
知っていることではあるのですが
そんな人も「おさらい」的に
読んでくださいね。

前回の記事の中で
食事をしている時の
【脳内物質】について触れましたが
それはいわゆる
【快感物質】にあたります。

ですから
食事をせずに話すときと
食事をしながら話すときでは
気分に違いが出てくるのです。

よく、商談や交渉事の席って
料亭などで行われますよね。
あの意味は、
ただの接待ではなくて
【気分の良い時に承諾させる】
目的を持っているのです。

こんな書き方をすると
なんだか腹黒いですね〜(笑)
ですが、大丈夫!
カウンセリング中には
お互い何も食べないから
腹黒くないですよ〜wwwww

そして、
恋愛の話は必須ですよね。
片思いの人が告白するときは
ぜひとも食事に誘ってください。
心の距離感が近い相手なら
できれば
【テーブルではなくカウンターで】

向かい合うのは敵対を意味しますから
カウンターで横並びになって
隣りから口説いてみてくださいね(^^)

もし相手がテーブルを希望したら
それはまだ
【心の距離が遠いということ】かも。
それも目安にすると良いでしょう。

最後に、
発達障害傾向の人たちが
【マルチタスクが苦手で】
食事しながら会話をするのは
とっても難しいことかと思います。

食べながら話すタイミングは、
そもそもの
【会話のキャッチボールの
  タイミングを把握しなければ】
克服できないことかもしれません。

自分がしゃべったら、次は相手。
そのリズム感を掴まなければ
食べ物を口に入れるタイミングを
逃してしまうのです。

現実には
上手くいかないことが多いのは
誰でも同じことですから
あまり気負いし過ぎないで
もしタイミングが悪かったら
【ちょっと待ってね】
素直にお願いすれば良いだけです。
そんなこと、私も日常です。

言い換えると
「ちょっと待ってくれない」
関係の相手と食事することは
避ければ良いかと思うのです。
もしくは食べないとか…。

【食事もコミュニケーション】です。
まずは自分の好きな人たちと
食事を楽しむことから始めましょう。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革