2020年11月17日

競争社会で生きる人たち

人間の中には、
やたらと競争したがったり
人と比べたがったりする
タイプの人がいますよね。

そういう人たちは
【勝つことにこだわり】
誰かの上に立つことによって
優越感、自己有能感などをもって
自身を保っていると思います。

例えば、で、
今回はスポーツを取り上げます。

スポーツは勝負の世界です。
勝つという結果が重要です。
もしその世界でずっと生きていたら
何に対しても勝つことが絶対で
【勝ったら偉い人】といった
間違った認識を持っている人も
中には存在しています。

勝った人が偉いのだという
価値観を持っている場合
・家庭内でも支配的
・場合によっては暴力を振るう
・何にでも優劣を付けたがる
・家族内でも比較をする
・弱い者を笑い、馬鹿にする
・思いどおりにしたがる
こういうことが起こりやすいです。

そうなってくると
”基本的人権の尊重”
どこへ行ってしまうのでしょうか?
*****当てはまる人へ*****
勝つことは素晴らしいことです。
その世界で生きている以上
勝ち負けにこだわることは大切です。

ですがそれは、あくまでも
その世界だけに限ることで
その考え方を
【プライベートに
   持ち込まないこと】
絶対です。

家に持ち帰って家族を支配したり
脅して言うことを聞かせて
”勝った気分になるのではなく”
それぞれの話に耳を傾け
【分かり合えること】
目指したほうが健康的です。

その世界でしか生きていないから
それ以外の取り柄がないから…と
そこにこだわるのではなく
【自分のダメな部分も受け入れて】
ありのままで接する方が
周りもつき合いやすくなります。

競争社会にばかり身を置くと
時には”認知の歪み”も生じるし
【周りを敵だと認識しやすく】
人間関係が悪化します。

成績で人を判断する、
その人の
【人間性が”劣”であることを】
知ってください。

「なんだか変だな…」と感じるなら
今一度、
自分の価値観の確認をしてみて下さい。

私たちは誰でも、
【目の前にいる人を
  支配してはいけないのです】

順位争いは、その世界で。
優劣争いは、その世界で。
勝敗争いは、その世界で。
決して”他へ持ち込まない”
これが鉄則ですよ。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革

2020年10月31日

ストレス耐性

今回は、
メンタルのお話の超基本的な
内容になります。

今年はコロナの影響で
行動が制限されることが増え
周りへの配慮なども含めて
本当にストレスの多い年でした。

”コロナうつ”なんて言葉が
出てくるくらい不調な人も多く
自分では大丈夫だと思っていても
なんとなくいつもと違って
不安やイライラが増えた人もいます。

さて、この「ストレス」というのは
人によって感じ方が違っていて
また、何にストレスを感じるかも
共通していません。
大災害や大事故などのように
明らかなものは別ですが
例えば、
・一人が寂しい人と人を避けたい人
・野菜が好きな人と嫌いな人
・静を好む人と音を好む人
こんな風な違いがあることで
【ストレスを感じる
     状況も異なります】

そして、
”どの程度でストレスを感じるか”
というところにも違いがあります。
ストレスを感じたときに
どの程度の強さで、どんなことに
対応できるかできないか…
これが【ストレス耐性】です。

それで、発達障害傾向を持つ人たちは
【ストレスに対する耐性が弱く】
【ストレスを感じる状況が
    他の人と違うことが多い】
と考えられます。

例えば、こだわりの強い当事者が
自分の決めたルール通りにできない状況や
衝動的に言いたいことを言わせてもらえない
状況などもそれに当てはまります。

これらは定型発達の人たちにとっては
「仕方がない」と流せることですが
当事者たちにとっては
【絶対に譲れないこと】になりますから
すごくストレスになると思います。

また、
【ガマンが苦手、
   人に指示されるのが苦手】
ということを話してくれる当事者が多いですが
彼らにとっては
【自分以外の人と関わること
     そのものがストレス】なので
とても大変だと思います。
*****ストレス耐性をつけるために*****
「ガマンが苦手」という人は
その状況を避けたりしますから
問題ないかもしれませんが、

【変にガマン強い人】というのは
ストレスを感じたときに
「他の人はガマンできているのだから…」と
辛いことを訴えないことが多いです。

そのため、
【予防段階で発覚せず、
     発病してしまう】
なんてケースも少なくありません。

過度なストレスを受け続けて
生活に支障が出るレベルだと
「不安障害」「うつ病」「強迫神経症」
他にもいろいろなものがありますが
何らかの病気になってしまうリスクがあります。

そこで、辛い思いをしないためには
ストレス耐性を上げることが大切です。
そのためには、
自己分析や認知の修正、
問題解決能力を高めることなどが
必要なのですが
これについては一人では難しく
自己啓発セミナーに通ったり
勉強などを重ねたりして
改善していくことになるでしょう。

一つだけ、自分でできることがあって
それは【生活習慣の見直し】です。

神経症の人や発達特性を持つ人たちは
【自律神経の不安定さ】がある人が
とても多いです。
ですから、他の人と同じように
夜遊びしたりカップラーメンで
食事を済ませていたりすると
体に不調を来しやすいと考えられます。
【睡眠の質が悪く】
それも影響しやすいと考えられますし
外に出ることが嫌いで
いつも部屋でじっとして過ごすことも
体に影響を来しますから、
ストレッチなども必要です。

「自分はストレスに弱いなぁ…」と
悩んでいる人は
まずは自分でできることが何か?
考えて取り組んでみてください。
そして分からないことや
より一層の成長を望む場合には
ぜひ専門家に頼ってみてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革

2020年10月22日

責任逃れを選択した先生

私、2ヶ月くらい前にすっ転んでw
その時、手を突いたのですが
その痛みが取れないので
整形外科に行ってきました。
あらかじめチェックしていた口コミが
ちょっと気になっていたのですけれど
受診して納得。

あまり細かいことを書くと
誹謗中傷と思われてしまいますので
一部分だけ取り上げますね。

診察結果としては骨に異常はなく
飲み薬とシップになったのですが
レントゲンを撮り終えた後の説明から
「あ…これは他の患者さんたち、
          大変だろうな」
というのがよく分かりました。

その先生は
状態説明→次の段階の検査→現段階の治療法
という流れをずっと一人で話し続けていて
3回目のループが終わった時、
「あ、もう説明は分かりました。
   それで治療法としては
      飲み薬とシップですね?」
と、私の方から
会話をぶった切ってw
先生の会話の流れを変えました(;^_^A

この間、
先生の方針は一切説明されず
「やるかどうかは別として…」という
言葉をひたすら繰り返しながら
【選択を患者に託してしまいました】

口コミの意味は、これだったのです。
説明しかしない、先生の考えはない
選択は患者次第だと
医療に詳しくない患者にとっては
【困ってしまうことばかり】です。

だけど、
高い評価をしている人もいました。
受け止め方次第で
その人の評価というものは変わりますね。

今回は”当事者の方へ”を入れません。
そして、
先生がなぜそのような対応だったか
【過去の先生の背景】について
勝手に想像してみました。

おそらく何十年と医者を続けていて
最初からこうだったとは思えないのです。

きちんと診察をして診断をして
治療方針を伝えてきたと思いますが
時に”クレーマー”のような患者に
言いがかりをつけられたことがあると思います。
そういうとき
「先生がこう言ったから、
    私はこうなったんだ」などと
責任を追及されたと思います。

そんな経験をくり返していれば
先生も嫌気がさすでしょう。
「だったら勝手に判断しろ」くらいに
思ったかもしれませんよね。
*****最後に*****
なぜ今回、リアルな話を取り上げ
このような内容になったかというと
今回の目的は
【相手の立場に立って考えてみる】
ということだったからです。

悪口に聞こえたかもしれませんが
先生が
【そうならざるをえなかった理由】
私なりに考えてみました。

このようにして物事を考えていくと
イラっとするときがあったとしても
【怒りが若干和らぎます】

私の想像した内容が
本当かどうかは定かではなくても
そう考えることによって
自分の心がざわつくことなく
穏やかに過ごせると思います。

この段階を踏めない人たちが
気持ちをぶつけるところがなくて
クレーマーになってしまうのです。

悪徳な場合には仕方ないですが
私たちが体験していることには
【相手の背景が隠れている】
ということも多いものですから
何か不都合が起きたときには
一旦は、
「別の視点」から考えるようにすると
気持ちの整理ができるかもしれませんね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革