2020年02月29日

言葉の受け止め方

私の飲み友さんも、
私のブログを読んでくれています。
その時、プロレスの話が出てきたので
「これはたとえ話に使わせてもらおう♪」
と思ったので今回書いてみます。

テーマは”人間関係”についてです。

例えば、
やたら言い方のきつい人がいるとします。
普通に話しかけても怒っていたり
上から目線で偉そうだったりして
「感じ悪いなぁ…」といったときを
プロレスで想像してみてください。

柔道などでも例えられるのですが
技を仕掛けてきたときに
それをまともに受けてしまうと
大けがのもとになります。
だから、【受け身の練習】
存在しているわけです。

これを会話に置き換えると
相手のひどい言い方を
【まともに取り合うと傷つく】ので
【受け止め方や交わし方】
覚えることが大切かと思います。

まず、
傷つくことを言われたとき、人は
「悲しい…傷ついた…」などと
自分の気持ちを感じますが
それを後回しにして
【相手がそう思っている
      事実を認める】ことで
状況を把握するよう心がけます。

相手にとっての自分は
苦手なタイプなのだな…
能力が低いように見えるのだな…
好みのタイプではないのだな…
など、
【主語を”相手”として】
考えてみるようにしてください。

ここで、感情だけで反応すると
当然のことですがケンカになります。
でも、相手にフォーカスすることで
一旦は冷静な自分を保てます。

そして、
プロレスは勝ち負けですが、
会話は円滑なのが一番です。
聞き流してもいいですし、
【技で反撃するのではなく
      質問することで】
相手に話させるのも一つの方法です。

・何が目的なのか
・どうすれば気に入るのか
・言いたいことは何なのか
このようなことを
繰り返し質問し続けると分かります。
【何が言いたいのか分からない】
ということが(^^;

=まとめます=
明らかに自分に非がない限り、
最初から攻撃的な人は
【別の問題を
  抱えている可能性があり】
たまたま目の前にいる人の
イヤなところを
わざわざ探し出して
攻撃している人が結構います。

そのプロレス技を
まともに受ければケガをしますし
技で返すとヒートアップします。
だから、「相手の気持ち」として
質問をくり返すことで交わし、
【まともに取り合う必要はなく】
冷静さを保つことが大切です。

敢えて
【自分の気持ちを言わないで】
ひたすら聞き続けることです。
そうすれば
【熱量が下がってきます】
その時に改めて
本題として話し合いましょう。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係

2019年05月02日

令和の時代もよろしくお願いします

昨日は新天皇即位で
日本中がお祝いムードでしたね。
令和婚の人も
素晴らしい記念になったでしょう。

私事では、
令和「初」の飲み会で
短大のパイセン(K)と会いました。
その方とも初めての飲み会で
スクーリングで2日間
一緒に過ごした人です。

医療関係の方なので
現場の声などを集めるために
仕事の一環でもありました。

Kさんは3月で卒業され
次は大学に編入予定ですが
これまでの感想で
「もっと知り合いを
  増やしておけばよかった」
とのことです。

社会人枠の大学生は
立場がみんな違うことや、
通信制で会うことが少なく
なかなか距離を縮めることが
上手にできないことが多いです。

大人になると、
なかなか友達ができない。
だからこそ
【限られた縁を大切に】
積極的にいかなければ…
と改めて感じた次第です。

それで、
学生時代とは違って
個々に立場が異なれば
それは【かえってチャンス】
考えることができます。

なぜなら、
若い人たちは不安なためか
グループを作ったりしますが
社会人の大人たちは
個人単体で動けるので
【派閥ができにくい】という
可能性が高いからです。

誰かと繋がりたいとき
大切にしたいポイントは
立場の違いなどに対して
・相手を肯定的に
・新しい情報として
・興味を持って
・同じ目線で
話をしてみましょう。

例えば、
保護者の立場なら
みなさん異なっても
子供という【共通点が】
【比較の対象に
   なってしまいます】

そのような
共通点がない立場であれば
新鮮な気持ちで
相手と接することが
できるかもしれません。

新しい時代になりました。
私もあなたも気持ちを一掃し
新たな気持ちで
これからの時代を
過ごしていけると良いですね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係

2019年04月21日

安全な集団なんてない

先日のブログでは
集団を避ける人について
書きましたが
発達障害傾向を抱える
人だけではなく
人間関係に行き詰まる
多くの人たちが
「安全な集団なんてない」と
感じているかと思います。

そうです。
【人は集団になると
  攻撃的になる】生き物です。
だから上記の考えは正解です。

ただ、
【同じ目的を持つ集団】
そう簡単に攻撃される
心配はないかと思います。

集団に入る時に
その点を間違えないこと、
例えば
マッサージされる側なのに
マッサージ師の集団に
入ってしまったら
会話はかみ合わないし
無知な自分を感じるでしょう。

いわゆる【場違いな人】
それだけで攻撃対象に
なってしまいやすいですから
「自分と似ている仲間」を
探すことが良いと思います。

【自分も相手も許される場】
【競争の目的を持たない場】
安全な集団になると思います。

また、
自分で集団を作りたいとか
自然と人数が増えてきた時には
【最低限のルール作り】
必要になってきます。

私の仲間の間での
最低限のルールは1つだけ。
【お互いに肯定的に】です。

これを守れない場合は
仲間から外しますよ
といったことは
最初にハッキリと告げます。

別に
その人を排除したいわけではなく
関係が上手くいかなかったら
【お互い嫌な思いをするから】
という理由です。

いずれにしても
集団を経験したいのなら
待っていても始まりません。
パソコンの前で
検索ばかりしていても
実体験は伴いません。

【人との直接的な
   関わりを増やし】
失敗を繰り返しながら
【その都度
   課題を見つけ】
何度も挑戦することが
大切ですよ。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係