2022年04月16日

思い切って捨てる

ブログ更新を
1回サボってしまいました…。
ネタが浮かんでも言葉の整理ができず
そういった意味では私、
ちょっと不調な時期におります。
申し訳ございません。

さて、
捨てられなくて困っている人たち
「まだ使うかもしれない」
「来年着るかもしれない」
色々な思いがあって溜め込みます。
以前、
「かもしれない」について
別の意味では肯定的に取り上げましたが、
整理整頓の際の”かもしれない”ほど
【アテにならないものはない(笑)】

…というわけで、今回も片付けの
おさらいをしたいと思います(^^)
(笑)をつけて書きますよ。
笑うしかないので((´∀`))ケラケラ

手が空いた時、
日常的にチェックするのは
「冷蔵庫」「食品保管エリア」
「押し入れ」「洋服」「コスメ」
などなど。
私自身が”溜め込み好き”なので
そのあたりは想像で補えますw

例えば冷蔵庫や保管食品については
【期限の過ぎているものは
     迷わず捨てましょう】
少ししか過ぎていないから
まだ食べることはできます。
でも、このタイプの人の場合は
【その食品の存在や
  調理すること自体を忘れるので】
最初からあきらめて捨てましょう(笑)

それから押し入れの中、
半日くらいの時間を用意して
中のものを全部出してみてください。
【これ何?という
   わけの分からないものが】
紛れ込んでいますよ(笑)

洋服は以前の記事にも書きましたが、
心配なのが「コスメ」です。
化粧品類には油が使われています。
「まだ使える」と
古い化粧品を取っておいて
数年後に使うのは危険です。
【油は酸化します。
   化粧品なら皮膚の上で。】
それがどうなるか分かりますよね?
シミ・シワ・皮膚炎など
さまざまな症状を引き起こします。
化粧品に関しては
【一年前のものは捨てる】
という考えで整理してくださいね。

とにかく
【迷ったときは考えずに捨てる】
というのが良いかもしれません。
もちろん後から必要になって
後悔するものもあるでしょうが、
ほとんどのものが後悔するどころか
【あっさり忘れられる存在です】
どうしても必要になった時には
100円ショップや古着屋で補えます(笑)

最後に…
「いつか」「何か」という考えは
まったくアテになりません(笑)
ものを手放すことに不安を感じ
どうしても決心がつかない、
という人はたくさんいるでしょうが
【捨てた後の解放感、
   という経験を積み重ね】
定期的に気分をすっきりさせて
リスタートの感覚をつかんでください。

誰かに背中を押されれば可能であるなら
私がいつでも
お手伝いさせていただきます(笑)
【新しい私を獲得する感覚を】
体験していただきたいところです(^^)
posted by 心療カウンセラー長谷 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189469133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック