2021年12月28日

神経質は悪いことですか?

「神経質だと言われます」
相談事例でよくあるセリフです。
神経質と言われる場面を考えると
だいたいネガティブですよね〜。
【どうでもいいことまで気にしすぎ】
といった印象かと思います。

確かに神経質すぎると、
心身の不調につながりやすくなりますし
周りを巻き込んでトラブルになるし
あまり良い感じはしないですよね。

だけど、
【適度な神経質さに助けられる】
ということはあると思います。

例えば、神経質な人って
自分自身のことにも気を遣うけれど
周りの動きなどにも敏感ですよね。
だから【変化に気づきやすくなる】
ということがあると思うのです。

「ん?なんかいつもと違うな」です。

*******************************************
仕事から帰宅すると、息子の様子がおかしい。
いつもなら「おかえり」と言ってくれるのに
何も言わないで部屋に入ってしまった。

夕食の時、
その日あったことを話してくれるのに
「うん、ううん」程度しか話さなかった。

体調でも悪いのだろうか?
学校でトラブルでも起きているのだろうか?
*******************************************

専門家は、その人の声色、しぐさなどを
【観察することを必要とされています】
それは臨床経験を積めば積むほど
相手のことを読めるようになる、
というのはあるのかもしれませんが
専門家でなかったとしても
【周りに神経を使って】
様子を伺っている人も同じです。

※専門家は、そこから疾患などの
 見立てを行うのが一般との違いです。

ですがそれは、
【人の顔色を伺うのとは異なります】
そういう人たちが気遣っているのは
【怒っているかどうかという視点だけで】
それ以外の様子には反応しません。

もともとの性格や、生育環境、
また現在おかれている環境などによって
神経質さにも変化が現れます。
*****まとめ*****
神経質すぎると
胃痛などの身体的な影響や
不安障害など心への影響があります。

「神経質」は、
【周りにネガティブな
  行動や言動を押し付けがちなので】
悪いことと思われます。
なぜなら、本人は
【自分が安心したいために起こす
      行動や言動だからです】
それは自分本位ですよね。

だけどもしもそれを、
【親切という形で表せたら】
周りは喜んでくれます。
ポイントとしては、
・自分本位でなく相手本位で考える
・要らぬお節介にならないように
・全部自分で引き受けない
こんな感じですかね。

自分主体での表現を抑え、
神経質さを上手に使いこなせたら
【頼りがいのある人】
なれるかもしれませんね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189232211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック