2021年10月28日

甘えることができない

特に恋人関係などの相談では
甘え方が分からないとか
甘えてくれないなどの
内容を聞くことが多いですが、
【甘え方は
  人によってそれぞれで】
それを”どう受け止めるか”まで
含めて考える必要があります。

自然な形で甘えを覚えられるのは
幼少期頃までになるかと思いますが
本来なら自然な形で親に甘えるのに
それを許してもらえなかった人が
多く存在しています。

それは、虐待が起きているわけでなく
普通の平凡な一般家庭でも
起こり得ることですし
愛情不足に陥ってしまう場合、
【親の基準で関わり方を
     決められるなど】
その家庭によって異なります。

また、本人の問題として
【発達障害傾向を持つ子どもは】
たとえ相手が親であっても
”役割以外を求めない”
という場合もありますから
その場合には、
親が一生懸命関わったとしても
【本人には届きません】

そういった「甘え」の不足で
大人になって恋人ができた時
本人なりには甘えていても
その甘え方に
【相手が満足しないという問題が】
出てくる可能性があります。

上記で幼少期までの話をしましたが、
それ以降にも別の理由で
甘えられなくなってしまいます。
例えば、
思春期にいじめを受けたとか
からかいなどによって
疎外感を味わった結果
【人間不信になることも
      原因の一つです】

社会に出てから出会う人も
信用するのが怖いとか
恋人でさえ何を考えているか
分からなくて不安、など
いろんな悩みがあります。

相手の望むように甘えられない、
相手が甘えてくれないといった
悩みを抱えている場合は
これから少し考え方の転換を
してみてはいかがでしょうか。

端的に言えば
【それが、その人なりの甘え方】
という考えを採り入れることです。
それ以上を求めるということは
【相手をコントロールしようとする】
という意味合いにも捉えられます。
お互いが好きになって付き合って
その中での満足度の問題が
反って関係を悪くしてしまうと
悲しい結果になりますよね。

だから、
甘え方の分からない人は
「これでも甘えてるつもり」と。
甘えてもらえない人は
「相手なりに甘えてくれている」と。
そんなふうに考えてみて
長い時間をかけて信頼関係を形成し
仲良くしてほしいと思います。

最後に、
愛情不足の問題を解決するには
【パートナーとの
   信頼関係が不可欠です】
距離感が近すぎたり遠すぎたり
それも個人差がありますし
要求レベルの違いもありますから
ある程度は許容し、
「これ以上は無理です」という
意思表示もしながら
バランスを保って時間をかけて
信頼関係を築けると良いかと思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 09:00 | TrackBack(0) | 人間関係
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189097199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック