2021年07月11日

解決の仕方が分からない

前回の続きとして、
問題解決は早い方がいいし
先延ばしにすることで
事態が悪化してしまうという
可能性もあるかもしれません。

ですが、
【解決の仕方が分からない】
そう思う人もいますよね。
その人たちを
大きく3つに分類してみると
・経験がないから分からない
・その選択をしたくない
・面倒だから考えない
こんな感じかと思うのです。

一番多いと思われるのは
”経験がないから分からない”
という人たちだと思います。
それで、そのタイプの人が
人との関わりを避けていれば
アドバイスをもらえる機会も
自分で経験を積む機会もなく
解決できないままになります。

次に、その選択をしたくない人は
例えば
”単に謝れば済む”だけ
”1時間残業すればいい”だけ
”人に頼めばいい”だけ
なのに、そうしたくないから
頑なに意地を張って抱え込み
解決に至らないパターンです。

最後の、
面倒だから考えないというのは
”他力本願”といいますか
それまでの経験も含めて
放っておいても
なんとなくやり過ごせたという
パターンかな、と思います。
実際には
”周囲の人が尻ぬぐい”
してくれてやり過ごせたことでも
それに対して申し訳なく思わず
いつも放置してしまうタイプです。
*****まとめ*****
考えない、先延ばしにする
人任せにする
いずれも考え方次第では
解決の仕方の一つですが
それで乗り切れないことも
たくさんありますよね。

そういう事柄については
【専門家を頼る】
⇒お金と知恵で解決
【助けを求める】
⇒一人で抱え込まない
【丸投げしない】
⇒あくまでも手伝ってもらう形で
 全部を他人に押し付けない
このような方法にしましょう。

放っておいても良いことと
そうでないことに分類し
【いつ取り組むか】
という時期を見定めて
タイミングを見計らって
解決に向けて取り組む、
このくり返しが続いていくのが
私たちの日常なのだと思います。

知らないことが多すぎる
一人の人間同士が知恵を出し合って
解決していく…
そんなイメージ作りも
大切なのではないでしょうか。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 13:09 | TrackBack(0) | 自己改革
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188833428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック