2020年08月29日

思っても言わないだけです

発達障害の特性に悩む人たちは
【余計な一言で誰かを怒らせる】
ということが結構あります。
当事者にしてみれば
「ただ、思ったことを言っただけなのに…」
という気持ちなのでしょうし、
その時選んだ言葉が相手に届いた時
【相手がどう感じるかを
           予測できないので】
自分の感じたままの言葉で
発してしまうことが多いようです。

”自分の感じたまま”についても
引っかかるところがあります。
その言葉が相手にとって
意地悪に思えたり悪意を感じるということは
【普段から心の中で
    酷いことを考えている人】
誤解されてしまうかもしれませんね。

実際には
”思ったことと
   反対のことになってしまう”
ということも多いようで、
本来は誠実と言われている人たちが
誤解されてしまうのは残念です。

こういった体験を教訓にした当事者は
【思春期あたりを境に、
    自分のことを話さなくなります】

話さなければトラブルは起きない。
話さなければ人に嫌われない。
話さなければ誤解されない。
このような考えを持って大人になります。

その後、社会に出てから困るのが
【意見を求められても答えられない】
【自分がどう思うか言えない】
【自分の気持ちが分からない】
といったことなどです。

そして周りの人を見ながら
「どうしてみんなは
  うまくやりとりできるのだろう?」と
悩んでいると思います。

そこで今回は
当事者と周りの考え方について
取り上げてみることにします。
*****当事者の方へ*****
発達障害の傾向を持つ人たちは
【どういう言葉を選ぶか】
【誰に本音を話すか】について
あまりよく分かっていない場合が
多いかな、と私は思います。

いわゆる”TPO”ですかね。

かといって私たちが
全てのところで上手くやれるわけではなく
特に私については
比較的「嫌われてもいいから」
なるべく思ったことを口にします。
ただし、ここでのポイントですが
【不必要なことは言わない】
ということが大前提ですよ。

今思っている発言が
【その場に
   必要か不必要かを見極める】ことも
無駄に余計な一言にしないため
考えなくてはいけないことです。

したがって、
職場で自分の意見を言わないことや
自分の考えが分からなくなることは
【必要なのに、できないこと】という
結論につながってしまいます。

当事者たちの
「一言多い」というのは
その場にとって不必要な情報。
ただ思ったことだから…と
何でもかんでも発言していたら
話は取っ散らかるし誰かを傷つけるし
ロクな結果になりません。
だけど、
その場にとって必要な情報を
言わずに黙っていたら、
「知っているのに
    隠していた意地悪な人」と
誤解されてしまうかもしれません。

これについても
日々の自覚と練習が必要ですが
当事者の思うような余計な一言は
たぶん周りの人たちも
同じように思っていることがあります。
そこで違うのは、周りの人たちは
【思ってても言わない
     選択をしている】のです。

想像力の弱い当事者なら
「これは誰も思っていないだろうから」と
良かれと思って
発言してしまうかもしれませんが
周りの人たちは
「あーあ、ホントの事言っちゃったよ」と
思っているということです。

この問題を解決するには
サポートしてくれる身近な人に
「それは不要です」という指摘を
日ごろからハッキリと言ってもらえる
関係を築いておくことですね。

ぜひお試しください。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187853753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック