2020年07月28日

全部試したけどうまくいかない

なんとなく毎日過ごせているけど
少しだけ自分に違和感を覚えていて
小さい頃から「人との違い」に
薄々感づいている
発達障害傾向を持つ人たち、

友達はいるし、仕事もそれなり。
日々の生活も辛くないし…
だけど何だろう???
何か違和感があるなぁ…
なんて感覚を持っている人が
世の中にはたくさんいます。

こういったケースでは
【一人を謳歌できるタイプ】
の人が多く
違和感すら持たない人もいて
それはそれで幸せだと思います。

ですが、「あれ?」と
ちょっとでも気になってしまうと
追求したいのが当事者たちです。

そこで、
まずは友達や誰かに聞くのではなく
【ネットで調べる】
ということから始めることが
今の時代では主流ですね。
彼らも自分と向き合いながら
色んな情報を集めるために
片っ端からネットで調べます。

そして、そこで得た情報を使って
”自分磨き”を行うわけです。
実際の相談では、当事者から
「ネットで言われていることは
        全部やりました」
と、言われることが多いです。

話を聞きながら
苦手の洗い出しをして、
それに対する対策を伝えても
「それは、やりました」と
答えられることもあります。

また、
私から何か新しい言葉を聞くと
【ネットで調べ尽くし、予習して】
次のカウンセリングを
受けられる人もいます。
ずいぶんと勉強熱心だと思います。
*****当事者の方へ*****
ネットや本に書いてあることは
全部試した。
だけど思いどおりにいかなくて
困っている、という場合は
実際のトレーニングとの違いに
気付くことが大切かと思います。

一番の大きな違いは
【一方向のコミュニケーションと
   双方向のコミュニケーション】です。

ネットや本などから情報を集める時は
一方向からの伝達によってです。
そして、分からないことがあれば
さらに調べて情報を集めますが
疑問に思うことは人それぞれ。
全員に共通していないこともあるので
【知りたいことの
     細かい部分までは】
ネット上では集めることができません。

例えば【表現の仕方】について。
その方法そのものは
文章として書かれているでしょうが
【具体的な実践例のお手本を
     見聞きすることはできず】
独特な感性で受け止める
発達障害傾向を持つ人たちに
【正確に伝わるとは言い切れません】

そして、【フィードバック】
情報を集めて実践するところまで
一人でできたとしても
”それができているかどうか”
【実際に確認できません】

これが、ネットや本と
生身の人間の違いになります。
全部試しても上手くいかないということは
【小さなズレや勘違いが
    起きている可能性】
人と一緒に考えることも必要です。

このようなことで悩んでいるのであれば
ぜひとも
「人間」に支援を求めてみてください。
仲の良い友達に話せるなら良いですし
難しいなら、
その分野に精通する人が良いでしょう。

別のケースに関しても同様ですが
【困った時には誰かに相談する】
ということを基本として
考えてみてほしいと思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187746092
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック