2020年07月21日

似た者同士

そういえば、
それは分かっていたけど
記事にしていなかったなぁ…
ということを今回は書きますね。

発達障害傾向を持つ人たちは
”コミュニケーションが苦手”
ですよね。
会話が得意ではないし
相手の言っていることが
理解できにくいことなどで
人との関わりに悩む人が多いです。

そして、
”類友の法則”という言葉のとおり
特性を持つ人たちの気の合う人は
【似たような人が集まってくるので】
言ってしまえば
【友達もコミュ障】
という確率が上がるのです。

これは、あるお客様に言われて
「あ、そうだよね、そうだった」と
改めて思ったことです(;^_^A
*****当事者の方へ*****
それで、
一緒に考えてほしいのですが
もしもあなたが極めて軽度で
「そんなに困ってないけれど…」
というレベルの特性具合だとして
友達がもっと苦手が多いなら
あなたがどんなに努力しても
【相手が会話が苦手なのだから】
上達しないかもしれませんよね。

だから
その友達がどうだということではなく
自分自身のトレーニングのためには
【自分より能力の高い人と】
関わることが効果的です。

なぜなら、
もしもあなたが類友に質問しても
相手から返ってくる答えは
「YESかNO」という一言だけで
それ以上に広がっていく
話題には展開し辛いのですから。

だからといって
友達をやめろと言っているのではなく
・会話を重視する関係
・居心地を優先する関係
・議論を楽しむ関係
などなど、
【色んな役割の友達を増やす】
という考え方で
これからも新しい出会いを
求めてほしいな、と思うのですよ。

相談業をやっていますとね、
ホントに今まで会ったことないような
私にとっては突飛な人たちに
たくさん出会えるのですよ。
その時
【相手に合わせることができれば】
多くの話を聞かせてもらえますし
私の情報量が増えていくのです。

そのようにして、
【色んなタイプに
  話を合わせる練習】
私は繰り返してきています。

当事者の方もスキルアップを望むなら
自分に合う人を探すだけでなく
【どう相手に合わせていくか】
ということも追求してください。
とても大変な分だけ
とても勉強になると思いますよ。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187717992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック