2020年07月02日

発達障害傾向の親からのご褒美

前回のブログで、
”目に見えないご褒美”について
触れましたが
発達障害傾向を持つ人たちの
親にもまた、
特性がある場合も考えられます。

ですから、
【発達特性的子育て】によって
(つまり子供にとっては環境)
考え方が偏っている可能性も
考える必要があるかと思います。

これまでの相談事例を総合して
分かっていることを挙げてみます。

【成績主義】
成績のような目に見えて分かりやすく
子供を評価できるものがあるので
人間性など目に見えないものを
想像するのが苦手な親は
成績や結果で子供を評価しがちです。

そのため、
成績や学歴の低い人を
低能な人間扱いしますし
そのような悪口を平気で
子供に言い聞かせて教育し
その違和感に気づかない子供は
同じ価値観を持って成人します。

【褒められない】
100点が取れなかった、
かけっこで1位を取れなかった…など
ダメなところは指摘できても
良かったことを言うことが
苦手な親が多いです。

そもそも、存在を認める意味も
目に見えない事柄に入るために
子供自身を肯定することも
できていないことが考えられます。

そのために子供は
自己肯定感が低く、
コンプレックスが多く
大人になっても人からの評価などに
囚われすぎて悩んでいます。

【教えられない】
表現、説明するのが苦手な親の場合、
聞かれても答えられない場面が
多々あると考えられます。
そのため、
疑問を持って親に質問しても
・何を言っているか分からない
・最後まで話を聞いてもらえない
・親の一方的な考えを押し付けてくる
といったことがあり
反って子供が不利になるので
ある程度の年齢から
「親に話しかけるのはやめよう」と
家庭内で話すことを
止めてしまう人が結構いました。

その結果、大人になって
人との関わり方が分からなかったり
質問をすることに抵抗を感じたり
馬鹿にされることを恐れたりして
人間関係で悩むことになります。

いずれのケースでも
【子供が親の
  違和感に気づかないと】
それを当然として
親と同じ価値観が身につくでしょう。
*****当事者の方へ*****
「目に見えるものが全て」
これはとても分かりやすいですし
数値化されていれば
もっと分かりやすいことです。

だから、
発達特性を持つ親たちは
成績や結果で子供を評価し、
【お金や物という
  目に見えるものを
     ご褒美とします】
裕福な家庭では
【年齢にそぐわない金品提供】
行われていることもあります。

これがそのまま子供に受け継がれる
小さな頃から身についてしまった
価値観や習慣みたいなものなのです。

そう考えると
何もしない自分を褒めるなどは
考えられない状況になりますし
【結果を出さない自分は
    存在する価値がない】
思ってしまうかもしれませんね。

だけど実際には
目に見える成績や結果以上に
【自分の小さな頑張りをほめて】
生きるモチベーションを
維持することが大切です。

できもしないことを願って
ワーワーなっているくらいなら
【手の届かないような
    理想を持つのではなく】
少しだけ手の届きそうな
理想や目標を設定し、
それが達成できたら少しずつ
理想を上げていけば良いのです。

それから、
全人類を避けるのではなく
人との縁を大切にしましょう。
相手とのやりとりの中で
”褒め合う”ことを覚えてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187656010
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック