2020年05月19日

言葉を削った時代

やっとこさ、超難しかった
日本文学の勉強が終わりました。
あとはテストを受けるだけ…。

とはいえ、以前もお伝えしたように
日本文学に出てくる作品たちは
”突っ込みどころ満載”
ブログネタにも使えそうなものが
色々とありました。

そこで今回は、
【言葉を削った美学】について
書いてみようと思います。

言葉を削る、ということでは
あなたもよくご存じの
和歌・短歌などがありますよね。
5、7、5というたった17文字に
情報を詰め込むわけです。

当然のことですが
そこに全ての情報がないので
【読み手の想像力によって解釈され】
人によって違ったりする点も
楽しめるようなのですが…。

これを私たちの日常に当てはめると
私たちも結構、言葉を削って
友だちとのやりとりをしています。
その中で、
【不足部分は想像で補って】
相手の言いたいことを理解します。

ところが、同じことを
アスペルガータイプの人とやると
”主旨がズレてしまったり”
”理解してもらえなかったりして”
誤解が生じることが多いです。
だから、【短い言葉で正確に】
言葉を伝えることが大切です。

その逆に、
アスペルガータイプの人の発言でも
【前提となる情報がないまま】
シンプルに伝えてこられることがあるので
受け手は理解できなくて
戸惑ってしまうことがあります。
まるで短歌のよう???(;'∀')

私は日本文学が苦手だから
短歌を想像で楽しむことはできないし
現在に置き換えたとしても
”正しく聞かせてほしい”です。

言うならば、
私たちがたとえ言葉を削ったとしても
【美学にではなくトラブルになる】
ということですよね〜。
まぁ、日常と文学は違いますからね。
*****当事者の方へ*****
人が言葉を削って話したとき
あなたにとって分からないように、
あなたが誰かに話すときも
【必要な情報を削らずに】
伝えることが大切です。

「そんなこと、
  言わなくても分かってるでしょ」と
相手を批判する人がいますが、
そういうふうに自分が言われて
戸惑った経験はないでしょうか?

ここで過去の残念な経験を思い出し
【自分がされた嫌なことと
  同じ思いを他人にさせないよう】
気をつけてみてほしいです。

そして、
【一文で伝えようと思わず】
足りない部分は
何度も会話を往復させながら
・補うことができる
・間違いを訂正できる
・確認することができる
ということを念頭においてください。

「さっき言ったでしょ」という
態度もNGです。
割と、言ったつもりになっていても
情報が不足していることもあり
きちんと伝わっていないかもしれません。
なのに相手を突き放すような
言い方をしては嫌われます。

どっちが
【正しいか、間違っているかではなく】
【伝えることを目的として】
コミュニケーションをとってくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187506758
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック