2020年05月09日

子育ては、、いつが終わりなのか

昨年度、息子は高校を卒業し
「あぁ…やっと終わった…」と
私は一度、気を抜くことができました。
息子が生まれてから幼少期までを
色々と振り返ってまとめてみると、

【幼少期】
身の回りのことを教える期間でした。
箸の持ち方やトイレのトレーニング、
おもちゃの片付け方など
”自分のことを自分でやるための”
基礎となる部分について
色んな遊びやゲームを通して
教えていた期間です。

【小学3年頃〜】
他の人の気持ちについて
徹底的に教えていたと思います。
年齢的にはまだまだ幼く、
特に男の子は他人を気にせず
”自分ばかり優先するので”
トラブルもかなり多かったです。

周りの人たちにも迷惑をかけましたが
その時、
私が何もしていなかったのではなく
”相手がどう思うか、感じるか”
ということについては
”遠回しな言い方をせず、率直に
教えていました。

「それは子供が傷つく」などと
批判されることもありましたが
少なくとも私の息子に関しては
遠回しな言い方の方が通用せず
”反って混乱させてしまうので”
私は率直な態度を取りました。

この時期、息子はある意味
「言葉の裏を読んで
   被害者ぶるのではなく」
”言葉通りに素直に受け止める”
ことを覚えたと思います。

【中学3年頃〜】
ようやく、
色んなことが色んな方向から
見られる年齢になってきました。
その頃からさらに深掘りして
ざっくりと言えば
”どう生きていくか、
   他人とどう比べるか”
といったことを話しました。

自分のことだけではなく
”さらなる家事の分担をして”
息子の負担量を増やしました。
子供にとって大切なのは
勉強や遊びはもちろんですが
”家の中での明確な役割”
忘れてはいけません。

そこからめざすのは
”自主的に行動すること”です。
*****子育て中の親御さんへ*****
私は今、大学生になった息子と
一緒に暮らしているわけで、
これまでの私のイメージですと
高校生頃から
「あとはお金を払うだけ」という
感じだったのですが

”相談事例を含めて考えると”
まだ手を抜けない部分が
多々あるような気がしています。

「今時の若者」的な考えをすると
・事なかれ主義
・自分の意見を言わない
・正解を求める
・マニュアルを欲しがる
・適当に流される
といったことを強く感じます。

誰がそうしたか…というより
”教育・社会的な問題”として
受け止められると良いでしょう。
私たちは誰もが初めて親になり
育てている最中は
”その時代の世間を指針とし”
そこに近いイメージで子育てをします。
ですから親御さんが
自分を責めて悔やむのではなく
”今からできることは何か”
考えていくことが大切です。

私が既に取り組んでいるのは、
大学生になった息子に必要なこと、
それは
”社会に出るための準備”です。
アルバイト経験も役立ちますが
”人によっては何ら意味を持たず”
”職種によっては認知を歪ませ”
大学を卒業して社会に出たときに
不適切な行動や言動につながり
精神的に病んでしまうかもしれません。

そのことを踏まえて
”考え方の基本となる部分”について
息子が大学生のうちに
私が伝えようと思っています。

これが正解か不正解かは分かりません。
ですが、
”今の私にできること”だと信じて
軌道修正は随時行いながら
続けていきたいと思います。

…つまり、子育てはまだ
別のカタチをもって
もうちょっと…続くのですねぇ(^^;
鬼母の役目www
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187470757
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック