2020年04月11日

分かっていても「できない」

カウンセリングを受ける人たちは
「やり方は分かります、でも…」
「頭では理解できます、でも…」などの
言葉がよく出てきます。
その気持ちを整理するのが
カウンセリングを活用する意味です。

そして、流れ的には
「どうして分かっていても、
  そうできないのでしょうね?」という
働きかけをしていくのですが、
発達障害の傾向を持つ人たちは
自分の気持ちについて
・分かっていても言葉にできない
・そもそもの考えが浮かばない
といったことが多多いので、
【自分の気持ちに
   焦点を当てることを諦め】
【別の方法そのものを求めてしまう】
特徴があります。

ですが、別の方法を提示したとしても
【自分にはできません】と言います。
これをくり返して
【ありったけの方法を提示しても、
      どれも受け入れられず】
困り果ててしまいます。

もう少し、自分の考えを言えるタイプでは
・失敗したら人生が終わる
・人に嫌われてしまう
・自分のような人間はダメだから
などと【認知が偏っていて】
チャレンジに踏み切れないこともあります。
*****当事者の方へ*****
いずれにしても、「できない」なら
それは仕方のないことですし
誰かが強制することでもありません。
ただ、その表現を正確に表すと
【”できない”のではなく
   ”やらない”という選択をする】
ということです。
そのあたりの自分自身の考えを
【正しく認識することも】
問題解決への糸口になるかもしれません。

問題そのものが解決しなくても
・今の自分のままでいいのだ
・無理をしなくていいのだ
などと【自分を許容できれば】
心は少し軽くなります。

それでも納得がいかない。
カウンセラーに「何とかしてくれ」と
懇願する人もいるのですが…それは、
「どこでもドアを出して」と
言っているようなもので、
カウンセラーに対して
【不可能を可能にしてほしい】と頼み
【他力本願になっている】のです。

そんな自分も否定しないでください。
【そうしなければ心を守れないのなら】
今は、そのままで良いのです。

ヒント・チャンスなどに
気づくタイミングは
人によって違います。
今はまだ、そのタイミングではないので
少し時間をかけよう、くらいに
思ってみてはいかがでしょうか。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187369978
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック