2020年02月29日

言葉の受け止め方

私の飲み友さんも、
私のブログを読んでくれています。
その時、プロレスの話が出てきたので
「これはたとえ話に使わせてもらおう♪」
と思ったので今回書いてみます。

テーマは”人間関係”についてです。

例えば、
やたら言い方のきつい人がいるとします。
普通に話しかけても怒っていたり
上から目線で偉そうだったりして
「感じ悪いなぁ…」といったときを
プロレスで想像してみてください。

柔道などでも例えられるのですが
技を仕掛けてきたときに
それをまともに受けてしまうと
大けがのもとになります。
だから、【受け身の練習】
存在しているわけです。

これを会話に置き換えると
相手のひどい言い方を
【まともに取り合うと傷つく】ので
【受け止め方や交わし方】
覚えることが大切かと思います。

まず、
傷つくことを言われたとき、人は
「悲しい…傷ついた…」などと
自分の気持ちを感じますが
それを後回しにして
【相手がそう思っている
      事実を認める】ことで
状況を把握するよう心がけます。

相手にとっての自分は
苦手なタイプなのだな…
能力が低いように見えるのだな…
好みのタイプではないのだな…
など、
【主語を”相手”として】
考えてみるようにしてください。

ここで、感情だけで反応すると
当然のことですがケンカになります。
でも、相手にフォーカスすることで
一旦は冷静な自分を保てます。

そして、
プロレスは勝ち負けですが、
会話は円滑なのが一番です。
聞き流してもいいですし、
【技で反撃するのではなく
      質問することで】
相手に話させるのも一つの方法です。

・何が目的なのか
・どうすれば気に入るのか
・言いたいことは何なのか
このようなことを
繰り返し質問し続けると分かります。
【何が言いたいのか分からない】
ということが(^^;

=まとめます=
明らかに自分に非がない限り、
最初から攻撃的な人は
【別の問題を
  抱えている可能性があり】
たまたま目の前にいる人の
イヤなところを
わざわざ探し出して
攻撃している人が結構います。

そのプロレス技を
まともに受ければケガをしますし
技で返すとヒートアップします。
だから、「相手の気持ち」として
質問をくり返すことで交わし、
【まともに取り合う必要はなく】
冷静さを保つことが大切です。

敢えて
【自分の気持ちを言わないで】
ひたすら聞き続けることです。
そうすれば
【熱量が下がってきます】
その時に改めて
本題として話し合いましょう。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187214529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック