2019年12月17日

お金の使い方が分からない

前々回、
「キャッシュレスに気を付けて」
という記事を書きました。
浪費癖のある人には関係あることで
役立つ情報なのですが、
実は発達障害傾向を持つ人の中には
【お金って何に使ったらいいの?】
困っている人もいるのですよね。

中でも
課せられたことはこなせるけど、
自らエネルギーを費やしたいものが無い場合で
いわゆる【無趣味な人たち】
お金を上手く使えなくて困っています。

純粋で素直。
人に優しくされたことが少ないと
困っている誰かに投資して
【詐欺被害に遭うケースも】
起こっていると思います。

アスペルガータイプで知的に高い場合、
給与の高い仕事をしていることが多いので
もらえるお金がたくさんあるのですが、
物欲がないだけではなく
人間関係が希薄なため
【交際費もほとんどかからない】
といったことが考えられます。

ですから、
例えば結婚して家を購入すると
住宅ローンの繰り上げ返済をして
借金はさっさと完済させるような
素晴らしい面を持ってはいますが、
【心を満たされる投資】
当事者にとって何なのか分かりません。

月並みな言い方ですと
【趣味を見つけるか、
  習い事を始めましょう】
私はアドバイスしていますが
【興味を持つためのきっかけが】
見つからなければ彼らはその気にならず
ひたすら無趣味な期間を送りつづけます。

まぁ、習い事の一つだと考えれば
【カウンセリングは自己投資】
とも言えることではあるのですが
永遠に続けられるようなこと
とは言えませんよね。
なので【趣味を複数見つけて】
どれかがダメになっても何かが残る、
といった考え方で
新しいこと探しが大切なのです。

それから、
発達障害傾向を持つ人たちは
【人に必要とされること】
とても大切に思っていることが多く、
【自分より他人に投資したい】
というタイプの人もいます。

いちばん典型的なのは
【家族や恋人への投資】です。
大切な人、愛する人たちの
喜ぶ顔がみたい一心で
一生懸命仕事をして、お金を得て
尽くしてくれます。
【不器用で苦手が多いですが】
その分をお金でカバーしてくれます。

ここまで、
色々とお伝えしましたが
【何に投資するかは人それぞれで】
発達障害傾向の観点で言えば
【極端に偏らないように気を付けて】
お金を貯めたり使ったり
コントロールできる方法を
探すことが大切ですね。

当事者の方で心配な場合には
ファイナンシャルプランナーや
お金に詳しい専門家に
相談してみてくださいね。
私は私で、あまり上手ではないので(^^;
posted by 心療カウンセラー長谷 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186927726
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック