2019年11月16日

「旬」な感情の取扱い方

生鮮食品は鮮度が大事。
一年を通して旬の食べ物がおいしい。

それは、食べ物の話で…
感情については「旬」のものは
【危険を伴います】

「旬の感情」とは
【その一瞬に沸いた感情】
特に、コミュニケーションに悩んだり
思ったことを即座に言葉にして
失敗を繰り返す人には
知っておいてほしいことになります。

「今すぐ言いたい!」と思った時
一旦、頭の隅に置く練習をしてみてください。
「それじゃ、忘れてしまう」と
言いたくなるのは分かりますが
【大切なことは忘れません】

ですから、
後から思い出して話すことができ
どうでもいいことは忘れます。

それで、その場で発言しないとして
持ち帰ってから再度考えます。

・どう伝えるのが適切か
・否定的な言い方にならないか
・双方のどちらかに必要な内容か

このようなことを検討して
【言葉を熟成させると】
その場で即座に発言するよりも
【もっと素敵な
  言葉になる可能性が】あります。

それは、発言だけでなく
【行動を決断するときも同様】です。
「あれ、やりたい!」と思うと
せっかちな人は
すぐに行動に起こします。
すると、先のことをあまり考えず
失敗してしまう経験が増えます。

このような時、
【飽きっぽい自分がイヤ】
思う人が結構いるのですが、
何かを思ったり考えたりしながら
その思いが薄れることは、
飽きっぽいとは言えないかと思います。

そう考えるよりも
【思ったほど
  大切なことではなかった】
受け止めるのが妥当かと思います。

衝動で発言して、行動して
失敗を積み重ねるよりも
吟味して、熟成させて
良い体験を増やす練習に
取り組んでみてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186811171
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック