2019年10月31日

「修正可能である」と伝える

発達障害の傾向を持つ人たちには
【独特なルールがあり】
それを守りながら生活することで
安心を得ていることが多いです。

その中でも
面倒なことになりやすい一つに
【情報の修正ができない】という
謎の現象が存在します。

どういうことかというと
”絶対に間違ってはいけない”
強迫的なレベルで
失敗することを怖れる人が
自分の伝えたいことを
上手く伝えられなかったとき
【発言したのだから
  変更してはいけない】と考え
相手にひどい言葉を言い放ち
訂正できないようなことです。

そうは言っても
【自分の考えを
  的確に表現できないので】
間違った発言をすることの方が
発達障害当事者には多いのです。

思っていることと
反対のことを言ってしまうのもそう、
喉元まで出ている言葉を
音に変えた途端に
思っていたことと違ってしまうのに

その発言を修正できなかったら
【ただの酷い人】ですよね。

そして周囲は
それを真に受けてしまって
傷つけられているのです。

それは逆の場合にも起こります。
相手の発言を
【間違って解釈したまま】
すぐさま思い込みに変換され、
相手が言い直しをしたとしても
当事者の勘違いを指摘しても
「いや、あなたはそう言った」と
発言していないことも
発言したことに変えられてしまいます。

このような失敗が多いタイプは
【話す前のルール作り】
大切なのではないかと思います。

ルールと言っても簡単で、
”お互いに、間違いはいつでも
 修正しても良いことにします”
などと確認しておくだけです。

「間違えてもイイ」という考え方を
発達障害当事者に許可するのです。
それによって
少しだけ安心して話せるかもしれません。

なんとも、ややこしい話ですが
口論になってしまったり
関係が悪化してしまったりの原因に
このパターンが関わっていることが
多いかと思いますので
あえて、【許可を言語化する】ことで
乗り切れたらいいなぁと考えています。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186746272
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック