2019年08月24日

物の例えが分からない

よく、発達障害の相談内では
「当事者って語彙数が少ないよね〜」
という話題が出ています。

語彙(ごい)というと、
例えば何らかの分野で使われる
「総体」を意味するので
ちょっとわかりにくいですよね。

もっと簡単に表現すると
発達障害の傾向を持つ人たちは
慣用句が理解できないなどの
【ものの例えが分かりにくい】
と言えるかと思います。

ちょっと話はそれますが
私たちが子どもの頃にはなかった
「語彙検定」なるものが
近頃はあるようですよ。
興味のある方は調べてみてください。

さて、話は戻って
「ものの例え」って何なのか?
説明したいと思います。

例えば「首を洗って待ってろ」
ちょっと怖い表現でした(^^;
それ以外でも
ネットで調べれば
たくさん出てきますが
【言葉をそのまま受け止める】
当事者たちにとっては
「首を洗ったらどうなの?」と
疑問を持ちやすいです。

もちろん
きちんと理解できている人も
たくさんいるのですが
【コミュニケーションが
      希薄であれば】
慣用句を活用する機会も
少ないのではないかと思います。

日常的に
言葉を使う機会が少なければ
【通じない言葉も多い】
推測されますよね。

ですから、
発達障害当事者と関わる際には
・ストレートな言い方で
・簡単な表現で
・肯定的に
伝えることが大切です。
(いつも言っているので
 耳にタコですよね。
 あ、これも…?笑)

当事者は、話が理解できなくても
「うん、わかった」と
頷くことが多いです。
そのようにして
【その場を取り繕って】
難を逃れてきたことが多く
後々、理解できていないことが
発覚して責められた経験も
あるかもしれません。

周囲の人は
その都度「伝わったかどうか」
確認しながら話すことにも
気をつけておいてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186465499
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック