2019年07月23日

親がやっておくべきこと

発達障害の傾向を持っている人は
最近、急増えたわけではありません。
昔から、いました。
医学の発展とともに
分かるようになっただけです。

それで、
年輩者にも普通にいるのですが
例えば家族と死別して
独り身になったことで
【身の回りのことが
    自分でできず】
不衛生な生活を送る人、
【お金の管理ができず】
散在して生活保護を受ける人
といったように色んな面で
苦労していることが
多いのかと想像しています。

だから、
家族に発達障害傾向が
ありそうなご家庭では早めに
【マニュアル作り】
取り組んでおいてください。

当事者が家族を失い
一人で生きて行くためには
それまでお世話してもらって
自分でやってこなかったことを
【自分でこなす
   スキルが必要です】
それは簡単なことではありません。

・家の中の物の置き場所
・銀行の手続の仕方
・持ち家の管理の仕方
・葬儀の手配方法
などなど、たくさんあるので
とにかく急いで取り掛かりましょう。

そして、場合によっては
【後見人を決めて】
その人に頼ることを
伝えておきましょう。

もともと人との関わりが
苦手な人たちですから
独りになったからといって
自分から誰かを頼るのは
かなり難しいことです。

【お願いすることが苦手】
という人も
相談者(当事者)の中には多いです。

マニュアルの内容は
【当事者にレベルを合わせて】
作成してください。
何が苦手で、何が克服できないか
どの部分をお金で解決するか
たくさん考えなくてはいけません。

残された当事者が
右往左往して途方にくれないよう
やれることは、やっておきましょう。

タイトルでは「親」と書きましたが
実際には
身近に発達障害者がいる場合
夫婦間、兄弟間においても同様です。

面倒な作業になりますから
始められるのであれば
なるべく早いうちから
取り組まれることをお勧めします。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186315133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック