2019年06月14日

暴力は抑止力になるか?

昭和の教育はスパルタでした。
しつけと称して体罰は当たり前
学校の先生は竹刀を持ち歩き、
校則をやぶった生徒は
容赦なく暴力を受けました。

当時の先生からすれば
「いや、パーで
  やったからセーフでしょ」と
言いたくなることかもしれませんが
結果的には
グーだろうがパーだろうが
どっちも同じ(--;

ところで、
暴力は本当に効果があるのか、
疑問におもいませんか?

私が学んだ内容では、
【一時的な
  抑止力にはなる】
ということでした。
「じゃぁ、効果がある」と
短絡的に思わないでくださいね。

一時的には、問題行動などを
抑えつけることができる
…ということは、
【また繰り返す】とも言えます。
だから結果的には
効果がないことになります。

そして、暴力を繰り返すことで
【恐怖心と恨みの蓄積】だけは
一時的でなく継続されるので
【問題行動が増える危機】
考えておかなければいけません。

もし、逆のパターンなら
恐怖から委縮してしまい
【正しいことが行えなくなる】
可能性があります。
(極端な例を出しています)

ですから、やっぱり
【暴力は意味がない】のです。

未だ、虐待などの事件が
なくならない状況ですが
大人がどんなに
自分の行いを正当化しても
暴力自体に意味がないのだから
【大人が
  冷静で賢くならないと】
いけないのだろうなぁ、と
思うこの頃です。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186138441
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック