2019年05月14日

相手視点での自己一致?

前回のブログで、
発達障害傾向の人たちは
ある意味自己一致してるよね、
でもそれが「自分視点」だから
相手に対して否定的になってしまって
人間関係がうまくいかないよね
…ということを書きました。

そうなりますと、
「じゃぁ、相手視点で
  どうやって自己一致させるの?」
と質問が出てきますよね。

これはカウンセリング技法の
クライエント中心療法を使える
カウンセラーはよく知っています。

具体例を作ってみますね。
Aさんは、パクチーが大好物です。
Bさんは、パクチーが大嫌いです。

ある日、Aさんが言いました。
「パクチー美味しいから、食べてみてよ」
パクチーを勧められたBさんは
どう答えるでしょうか?

自分の視点で答えると
「あんな不味いもの食えないよ」
「人間の食べるものじゃないよ」
「無理ムリ、死ぬ!」
こんな感じですかね。(大げさに)

まぁ、【全否定】の言い方ですよね。

けれど、人間関係を円滑にしたいなら
相手の気持ちを汲み取ってあげたい
と思うのが通例ですから
【嫌いな物でなく、
   相手を受け入れる言葉】
変換することが大切です。

発達障害傾向を抱える人たちは
【感情でなく
  事実に着目しがち】なので
このタイミングで
Aさんの【感情を読み取る】ことが
大きなポイントになります。

「感情が分からない?」
そんなことないでしょ。
Aさんは「パクチー美味しい」って
思ったから
【Bさんにも食べてほしい】
伝えていますよね。

それを不味いと思っているのは
Bさんの気持ちであって
Aさんの気持ちではありません。

ここで誤解が生じます。
発達障害傾向の人たちは(例えばBさん)
「自分もパクチーを
  好きにならなければ!」と
【自分の考えを
  変えようとするから】
おかしなことになってしまうのです。

それ、不要です。

今回のBさんが
どう答えれば上手くいくかというと
「いやぁ、遠慮しとくよ。
 前に食べて、ムリだったんだよね。」
Bさんの本音に加えて
【でも、人に勧めたいほど
   パクチーが好きなんだね】
Aさんの気持ちを言葉にして
【あなたの気持ちは
   わかりましたよ】という意味の
セリフを返してあげるのです。

「それで、どこが自己一致?」と
思ったかもしれませんね。

相手の視点で自己一致がなされたのは
【Aさんはパクチーが
     好きなのだな】です。

発達障害傾向を抱える人たちは
【相手が身近な人ほど】
自分の感情がざわざわしがちです。
なぜなら、
関係が遠い人に対しては
【興味がないことが多いから】です。

だからこそ、
「自分の考えを合わせないと…」と
焦ってしまうくらい
誠実で、優しさに
溢れているかもしれませんが
【自分の考えがあるように、
    相手にも考えがある】
割り切って考えつつ、
【相手の気持ち「も」
     大切にする】ことを
心がけるようにしてみてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185997582
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック