2019年03月16日

障害者の線引き

発達障害や愛着障害…
「障害」という名前が付くから
その人が障害者みたいな
イメージになりやすい時代です。

今回は
「どこから障害者なの?」
について書こうと思います。

私たちにも、
得意なことと苦手なことって
何かしらあるものですよね。
でも、
なんとかかんとか
上手くやりこなして
生きていると思います。

発達障害の人たちは
得意なことと苦手なことの
【差が激しいので
   乗り越えられず】
生活に支障が出てしまいます。

発達障害の診断を受ける人は
【IQ値が低く】
困難なことが多々あります。

そして、
発達障害の中には
IQ値の高い人もいて
このタイプの人は
勉強はできるのだけれど
【感情面に適応できない】
イメージになるかと思います。

このエリアの人たちは
グレーゾーンと言われ
【何もかもが
  苦手なわけじゃない】
レベルと考えてください。

そのため、
診断を受けずに健常者として
大人になった人たちも
たくさんいるのです。
グレーだから
【障害者とは
   言い切れない】
そんな人たちに対して
世間はとても冷たいです。

そして、
私が対応しているのは
このエリアの人たちなので
私は
【発達障害傾向】という言葉で
知的障害の人と
区別しているのです。
(これを批判している人もいます)

それで、
グレーな人たちは
仕事や勉強はできるから
気付かれにくいですが
【見え辛い困難さ】
意外とたくさんあって

大きく3つに分けて
・本人が無自覚のまま
     周囲に迷惑をかける
・周囲に気づいてもらえず
      本人だけが苦しむ
・自他共に分かりながらも
     どうにもできない

こういった相談で
それぞれの場面を振り返り
一緒に対策を考えています。

まとめますと
【発達障害には
   知的障害も
    含まれていて】
あくまでもグレーの人は
障害者ではないけれど
【心の知能指数が
  低いことが多いので】

グレーの人でも
【手帳を持っていれば
      障害者】ですが
コミュニケーションの苦手な
健常者だと思ってください。

細かい苦手は
今後もブログで
アップしていきますね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185720659
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック