2019年02月05日

どこまでお金で解決する?

私たちがそれぞれ生きる世界は
全体から見ればちっぽけで
本当に小さな世界だといえます。

だから、
仕事と家庭だけでなく
習い事や趣味や、ボランティアなど
色々な経験を通して
自身の価値観を高めることが
とても大切だと思います。

ただ、どうしても
【自分の力では無理なこと】
多々あるもので
そんな時は「お金で解決」も
対応法の一つですよね。

例えば、
カウンセリングがまさにそうです。
家族や友達に心配かけたくない。
仮に話せても心が晴れない。
こんなときは専門家に頼ろう!
みたいな感じです。

仕事でも同様に
社内で時間を浪費して
大した作品にならないのなら
(サイト作成など)
外部のプロに頼んでしまおう
ということなんて
当たり前にありますよね。

それで、
発達障害の傾向を持つ人たちは
【得意なことが
   限られているから】
苦手な部分に関しては
お金で解決してしまえば
ちょうどいいと思います。

アスペルガータイプは
エリートが多いから
仕事だけ一生懸命頑張って
家政婦を雇ってもいいのだし

ADHDの浪費家が
自分で解決できないから
ファイナンシャルプランナーに
相談すればいいのだし。。。

けれども、
絶対に勘違いしてほしくないのは
【人との本当の交流】だけは
お金では解決できません。

寂しいから
カウンセラーに話を聴いてもらう。
でもそれは、
【聴く訓練をした相手だから】
話しやすくて当たり前だし
共感だってしてくれます。

それから、
お金で解決させすぎようとして
【計画性のなさ】が影響し
必要以上にお金を撒いたり
【自分のキャパを超えて】
お金を使ってしまうこともあります。
それによって
生活が困窮するリスクが高まるので
十分に注意してくださいね。

お金で解決、は
悪いことではありません。
けれども
・ラクをしたいから
・努力が嫌いだから
・都合がいいから
などと当然のように過ごすと
【本来の人との繋がり方】
全然分からないだけでなく
【自身のスキルが落ちる】
リスクがありますので
それはしっかりと検討してから
自分でやるのか、お金に頼るのか
決めてほしいと思います。

大人の発達障害傾向の人は
子供ほど素直にはなれないし
不都合な習慣が身に付いているし
お金を持っているから
スキルトレーニングを行うのが
結構大変なのです。

お金の使い方もその一つ。
表面上の人の心は買えても
【深い人間関係は難しい】
覚えておいてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185505521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック