2019年01月27日

許される「甘え」と許されない「甘え」

小さい頃は、
親に甘えることで愛が満たされ
自分を認めることを覚えます。

ただ、
幼少時代に虐待を受けたり
親が病気であまり関われなかったり
色々な理由が関係して
【大人になっても
   甘えが抜けない】人も
世の中には多くいます。

そこで、
どのような甘えが許されて
どのような甘えが許されないのか
考えてみたいと思います。

そんなことを言ってる私も
超絶甘えん坊です。笑。
大人になると甘えない、
というわけではないので
誤解しないでくださいね(^^;

「甘える」ということは
【甘えの対象が存在します】

だから、許されるのは
【相手の許容範囲内】
それを
相手が承諾できるかどうか、
という基準かと思います。

けれども、
相手が何でも
許容してしまうタイプなら
【底なしの甘え】になるので
その加減は大切なことです。

許されない甘えは、
【相手の許容範囲を超えたり
   素直に伝えず攻撃したり】
無理が生じてしまうようなことで

一番気をつけたいことで
相談される事例にもあるのですが
【自分でできることを
      押しつける】ことや
【自分の問題を
   誰かのせいにする】など

”自分の人生に
   責任を持たない”
ことかと思います。

私たちにはそれぞれが
それぞれの人生なので
誰かと変わってあげることは
できません。

甘えの強さに悩む人は
物理的な甘えをやめようと
考える傾向がある気がしますが
【精神的甘えが抜ければ
  物理的にも抜けていきます】

だから、まずは
【自分の課題を見直して】
誰かの手を借りながら
それを乗り越えることが
問題解決への糸口に
なるのではないでしょうか。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185445237
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック