2018年12月30日

気の利かない夫

今年も残すところ2日となりました。
カウンセリングをご利用いただいた
多くのお客様にお礼申し上げます。

また、来年は2日から承ります。
来年もどうぞよろしく
お願いいたします。


さて、2018年最後のブログは
なんとも残念なタイトルで(^^;
すみません…とか言いながら
「そうでもないよ」ということを
お伝えしたいと思います。

今回は「夫」が対象ですが
夫以外にも友人であったり
職場の人や恋人や、
他の人にも当てはめてみてください。

女性の立場からすると、基本的に
【気の利かない男性が多い】という
意見が多く聞かれます。

例えば、
スーパーで買い物をして
重たい袋を抱えていても
自発的に持ってもらえない。

部屋の中で探し物をしていて
その姿を見ているにも関わらず
一緒に探してくれない。

女性の意見としては
【目の前に
 困っている人がいるのに】
それを見ていないことが
悲しくて腹立たしいのです。
(もちろん、
  男女逆の場合もありますよ)

特に、
発達障害の傾向を持つ人で
【指示待ちタイプ】の人であれば
気の利かなさは人一倍。

「あなたの眼には何が映ってるの?」
と感じるくらい無反応な場面に
たくさん出くわします。

女性はイライラします。

ただ、
【できることは自分でやりたい】
タイプの女性は、
【先回りして
 手を出されることを嫌います】

どちらかというと
私は、こちらのタイプです。

それに、
だいたいどの人でも同じでしょうが、
【困っていることを
  言えば手伝ってくれます】

ですから、私はよく、
【余計な手出しされて
  仕事増やされるのと
    どっちがいいの?】
女性のお客様に質問しています(^^;

理想は、
程よく気が利くことですけれど
私たちみんな、不完全なのだし

「言えば手伝ってくれる。」
これってちょうどいいと思いませんか?

人との付き合いの中では
【相手を許すこと】も大切です。

特にパートナー関係においては
【でこぼこの穴埋め】のように
お互いが苦手なところを
思いやりで埋める作業ばかりです。

【〜してくれない症候群】
思い切って捨ててしまいましょう。

《できることは自分でやる
   できないことは
      素直に助けを求める》

助け合いとは、
【気の利かせ合いではない】ことを
念頭に置いてみてくださいね。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

12/31・1/1は
家族サービスのために
お休みさせていただきます。

来年もよろしくお願いいたします。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185285912
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック