2018年12月14日

イライラに向き合う

多くの人には、
イライラした経験があります。
特に、【身近なことほど】
イライラすることが多く、
自分から離れる事柄に関しては
イライラ度は低くなりやすいです。

それは、
【ある種の身の危険】みたいな
感覚を持っているからです。
・自分が誤解されてしまう
・自分の評価が落ちてしまう
・他の人に言いふらされる
・バカにされた気がする
・気分よくなれない
というような

イライラの原因が自分でも他人でも
【自分に対する何らかの不都合】
生じていると考えられます。

分かりやすいことで言えば
「悪口を言われた」とか
「失敗を笑われた」など。
また、
「自分の意見が通らなかった」
というような、相手の操作が
うまく行かかった時などです。

それで、イライラすると
精神衛生上良くないですよね。
食べ過ぎたり飲み過ぎたり
うっかり誰かに八つ当たりしたり。

それでもイライラに直接
【向き合う勇気が持てないと
    自分を正当化してまで】
何かを主張してしまいます。

以前にもお伝えしましたが、
イライラや怒りの気持ちは
【二次的な感情】なのです。
つまり、その前に
【一時感情が存在】しています。

悲しい・寂しい・不安などの
ネガティブな気持ちです。
まずは、そこに焦点を当てて
考えていくと
【イライラに向き合え】
自分の気持ちを冷静に分析できます。

多くの苛立ちは
【自分が乗り越える課題】
変えることができます。
それは、
相手の悪いところは許さず、
嫌な役回りを引き受けなくても
できることなのです。

例えば誰かに
とても失礼なことを言われたら
「撤回してください」
「失礼ですよ」
「傷つきました」などと
【自分の言葉として】
発することができます。

それに対して、
【謝るかどうかは
    相手の問題】
自分側では、
【伝えることができたかどうか】
自分の問題になります。

そこで謝らなければ
腹が立つのは当然ですが
自分の思い通りには
いかないことも多いので
相手の態度が変わらなければ
距離を置けばいいのです。

距離を置かれた相手は、
【自分の行いによって】
信頼を失ったという
結果が待っています。

イライラは
誰にでもつきものです。
私もイライラします(^^;
そんなときは、
上記のような考え方で
自分の気持ちと向き合って
冷静に言葉にしています。

言葉にしない時もあります。
どういう時かというと
【相手に全く
  期待していない時】です。
「言ってもムダ」と感じれば
一瞬イラっとしても
どうでも良くなって忘れます。

つまり、
自分・他人に対して
イライラするときは
【自分や相手に
  期待している】という
考え方をしているのです。

よろしければ、
ストレスの軽減のために
参考にしてみてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185194642
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック