2018年12月06日

存在を認めるストローク

あなたは「ストローク」
という言葉を聞いたことがありますか?

ネットで検索してみると
色々な言葉が出てきましたが
心理学の中の「交流分析」では
ストロークは
【撫でる・さする】という
ことを意味します。

それは、
【接触や言葉かけ】など
さまざまな場面に存在します。

けれども、
例えば家族のように
いつも一緒にいて当たり前で
学校の勉強のように
できて当たり前になると
家族の存在、がんばりの存在は
【空気になってしまいます】

すると、
ストロークはなかなか
発生しにくくなります。

ストロークの発生しない
世界で生活していたとして
それが当たり前で
普通だという感覚で過ごすと
【愛情不足に気付けず】
心が病んでしまうかもしれません。

では、具体的なストロークって
どんなものなのでしょうか。

ストロークとは、
【その人の存在を
   肯定すること】です。
どう使うかというと
通り過ぎるときに
肩にそっと手を置いて合図したり
用がなくても名前を呼んでみたり
「いつも見守ってるよ」
といった雰囲気を伝えるのです。

お互いがそうすることによって
お互いに【安心感を与え合い】
自然と仲良くいられます。

単に成績結果を
褒めるのではなく
何でもできたことを褒めます。
すると人はもっと頑張れるものです。

ところで、
ストロークといっても
【マイナスのストローク】
あります。
マイナスのストロークは
得意な人がたくさんいます。

簡単に言えば
【批判する声かけ】です。
誰かを否定したりバカにしたり
【できないことに注目して】
指摘ばかりしていると
言われた方は否定された気持ちになり
【自尊心を失くしてしまいます】

このように、
プラスにもマイナスにも
使えるストロークは
【プラスに使えるように】
心がけましょう。

それによって
みんなが気分よく楽しく
自分の存在を認めながら
過ごしていけますよね。

一番悲しいのは
【ストロークのない世界】です。
存在を認められないことほど
寂しい世界はありません。
そういう事例もありますけれど…。

先日、資格を取得した
発達障害関連の勉強の中で
【ほめ方は100通り用意して】
という言葉がありました。
はい。私も同感です。

「髪型決まってるね!」
「爪がキレイだね!」
「顔色が良いね!」
なんでもいいのです。
【あなたに注目している】
ということが伝わるような
言葉をかけあってみてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185147870
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック