2018年09月14日

「子は放っておいても育つ」時代は終わった

タイトルのような言葉、
耳にしたことはありませんか?

昭和に子育てをした世代の人たちは
それを「当たり前」くらいに思って
私たちを育ててくれました。

今、平成の終わりが近づき、
私自身【子育ての違い】
たくさん感じていますが
具体的に言葉にして
まとめることが
大切かと思いました。

というのも、
現代での子供たちは
放っておいたら
【身体だけ育つ】けれども
【心が育たない】のだと
思う場面が非常に多いからです。

自分で考えること
体験すること
共有すること
こういった機会が
大幅に減っているので
子供たちが大人になった時
【社会に適応できない】もしくは
【主体性のない】大人に
なってしまうかもしれません。

では、
どうすれば良いのかという
提案ですが…

「お花」をイメージしてください。
衣食住という「水」を与えます。
毎日、毎日丁寧に。
水は与えすぎると腐りますから
【愛を持って適度に】です。

すると、芽が出てきます。
たくさん出すぎた芽を放置すると
それぞれが育ち切らないので
間引きします。
【伸ばすスキルと
  伸ばさないスキル】です。

徐々に芽が育って
それなりに大きくなり始めると
肥料や栄養剤を与えますよね。

【精神を支える親の言葉】
という肥料は、
今の子供たちには特に
【必要不可欠】です。

「親の言葉」というのは
・自分の考えに偏らない
・親子とも尊重し合える
・親自身が素直であること
が重要になります。

それは、
最初から可能なことではなく、
【親自身も子供と一緒に】
育っていくということです。

今回は、「花」をイメージして
記事を書いてみました。

キレイな花が咲いているのは
【たくさん肯定して
    もらえたから】です。
【たくさん関わって
    もらえたから】です。
雑草のように
力強く咲く花も多いけれど
【雑草として
   生きにくい時代】だから
必要な考え方なのだと
私は思っています。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184421798
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック