2018年09月11日

「話しやすい人だ」と思わせるコツ

私は、比較的
「話やすい人」だと言われます。
ただ、あまり自覚がなくて
「???」だったので
それは、どんな人なのか
ちょっと考えてみました。

=人見知らなかった=
人見知りや遠慮、というのは
【相手を否定している】
印象を与えます。

つまり、人見知らないのは
【相手を肯定している】
印象を与えてきたと思います。

そのため、
道端で高齢者に話しかけられて
初対面なのに
「身の上話」を聞かされます。笑。

=時々話す感じ=
これは仕事の中で、ですが
カウンセリングを行うときに
聴くことだけに徹することなく
時々、こちらから話すようにして
【刺激を促しています】

この刺激というのは
お客様がダラダラと
話してしまわないように、

また、【話を聞いてくれている】
実感を持ってもらえるように
目的を持って話しています。

=会話のバトンを奪わない=
論点がずれない限りは
相手の話を
さえぎることはありません。

会話というバトンを
奪うこともありません。

仮に途中で私が
自分の話のためにバトンを奪っても
それは「一時的に借りただけで」
相手の話に戻して
バトンもお返ししています。

=話題に乗っかれる=
よほど難しい話でない限りは
相手の話に乗っかれます。

その話題が全く分からなくて、
でも聞くつもりがあるときは
【質問を繰り返すことで】
相手にしゃべってもらい
理解を深めます。

仮に、つまらない話だとしても
そこで諦めません。

【ヒントや情報が
   含まれている】はずだと
話を聞きながら
貪欲に探し物をしている感じです。


まとめますと、
「話しやすさ」とは、
話す人自身に対しても
その人の話す内容に対しても
聞き手自身に対しても
【肯定的かどうか】さえ
クリアしていれば

誰でもそうなれる、
ということだと思いました。

さらなる高みを目指すなら、
【話し方】に気をつける
ということが大切です。

ぜひ参考になさってください。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184393972
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック