2018年08月04日

会話の間合いが苦手

コミュニケーションが
あまり得意でない人たちは
人と話すことに抵抗があって
【適度な加減が分からず】
会話がうまく
かみ合わないことが
多々起きています。

そのため、
人を避けるようになる人や
自覚のない場合には
避けられるようになる人もいて
人間関係に支障を来しています。

コミュニケーションに
必要不可欠なことは
【話題となる情報量】
【話し方の技術】
【自分の感情の理解】などです。

「何を話したらいいのか…」
「うまく伝わらなくて…」
「自分の気持ちは分からなくて…」
という状態で会話すると
【キャッチボールが
      うまく行かず】
会話が途切れてしまいます。

そして、忘れがちなのですが
常に心がけてほしい
ことがあります。

それは【間合い】です。

両極端に例えると、
=間合いの長い人の場合=
  ・途中で終わったと思われる
  ・何が言いたいか分からなかった
  ・時間がかかりすぎる
などと思われがちです。

=間合いの短い人の場合=
  ・相づちさえ打てない
  ・ずっと聞かされるだけだった
  ・話題が流動的すぎる
  ・で、何が言いたかったの?
といったように、

両者とも
【相手に不満が残る】のです。

多弁で間合いが短い人は
【相手の話を聞くよう心がけ】

無口で間合いが長い人は
話を聞いてもらう時間を確保し
【ゆっくり練習を続ければ】

きっと今よりも、
会話が楽しくなるでしょうし
【心のつながりを感じ】
気持ちが上がると思いますよ。


《お知らせ》
誠に勝手ながら
8/6(月)〜8/8(水)は
お休みをいただきます。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184086309
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック