2018年04月22日

男女間のケンカの原因

最近は、「全くケンカしません」
という男女も増えてきていますが
やっぱり避けられないケンカ。。。

なるべく熱くなり過ぎず
お互い分かり合えたら
心のエネルギーが
消耗しなくて済むのに…
と思っている人も
たくさんいることでしょう。

ケンカの内容は様々だとしても
その中で少しだけ気をつけると
かなり楽になる方法があります。

そもそも、
男性と女性は
脳のシステムが異なるので
【相手の脳システムに切り替える】
というのがポイントになります。

男性は、話を聞くときに
【理屈で考えるので】
女性に対して
アドバイスをして
解決しようとします。

女性は、
【感情で捉えるので】
アドバイスなど
してほしいと思いません。
ただ最後まで聞いて欲しいのです。

これ、定番ですよね(^^;

それで、
「あ、もめそうだな…」と
お互い感じ始めたときには

男性は
【どうしてほしいの?】
確認すること
女性は
【言わなくても分かって】という
気持ちをストップしましょう。

会話がかみ合わなくなるのは
【理屈と感情の混合】
原因になりますから

・ただ聞いてほしい
・アドバイスがほしい
・性差でどう考えるか
といった
【具体的な目的を持つことで】
ケンカの頻度が
減ることが期待できますよ。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183053989
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック