2018年04月15日

ADHDと食品の関係

昨日は、
「食」に関するセミナーに参加してきました。

食品添加物って何?
最近の国の基準は?
体に及ぼす影響は?
といった内容でした。

その中でも
発達障害に関わるお話が
少し出てきましたので
改めてあなたにも
お伝えしますね(^^)

英語の文献などが読めないので(^^;
セミナー講師の言葉を借りて
お伝えすることになります。

ADHDの特性のひとつ、
【多動性】については
日本ではまだ使用されている
4つの食品添加物を除けば
【改善する可能性がある】
海外での発表があります。

食品添加物と言っても
自然由来のものも今は
添加物の中に含まれていて
【体に悪影響がなくても】
食品添加物なのだそうです。

それで、
4つの添加物については
【着色料】のことです。

だから、例えば
駄菓子屋のお菓子とか
海外から輸入された
お菓子などには
含まれているものがあります。

私個人としては
単純にそれだけで
改善するとは思わないですし
【トレーニング】は必要ですが

食事の中で
気をつけることとして
着色料は避けたいですし
【加工食品】も減らしたいです。

気休めと思われるかもしれませんが
【やるに越したことはない】
くらいの気持ちで
食事の見直しをしてみましょう。

それは
発達障害とは無縁の人も
【誰でもできること】です。

健康志向の時代だから
色々と試してみるのも
良いと思いますよ(^^)
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182982274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック