2018年03月07日

発達障害の人のおかげです

発達障害の診断は、
WiscやWaisと言われる
知能検査が利用されています。

ほとんどの人が
当たり前に持っている
得手不得手の
【差が大きいほど】
発達障害の傾向が強まります。

そういった人たちは
変人扱いを受けます。

そして、付き合いにくい人だと
避けられたりからかわれたり
恵まれた待遇にいる人は
ごく少数だと考えられます。

だけど、その変人たちに
【私たちは感謝しなければいけません】


私たち、今とても
便利な時代を過ごしていますよね。

では、今に至るまでの
便利さや医学などなど、
【誰が研究し、
  誰が追求したと思いますか?】

もちろん、その中には
凡人もいたでしょうが
アスペルガータイプの
【とことん追求する熱心さが】
ADHDタイプの
【ぶっ飛んだ発想力が】
今の時代を生み出してきた、
と言っても過言ではないでしょう。

つまり、
あなたの周りにいる変人が
いつ何時、どんな素晴らしいことを
成し遂げるかもしれないという
可能性を秘めているのです。

挙動不審で、おどおどしていて
単純にからかえば
面白い存在かもしれません。

ですが、
【特別な世界の中で】
孤独に生きている彼らの才能を
【抑圧しないことで】
今後さらに社会を良くする
可能性があるのなら

【能力を尊敬するべき】
と、私は断言します。

…まぁ、付き合いにくい人たちですし
【心の距離感が違う人たち】です。
ですから戸惑うのも当然です。

そのタイプの人は
・日常では距離を取り
・困ったらいつでも手を貸せる

その関係が
彼らにとっては心地良いものです。

理解する必要はなくても、
理解したい気持ちを持ち、
尊敬することは大切ではないでしょうか。


近年、発達障害の人が
すごく多くなっていますよね。

いつの日か、
その人たちが多数派になるのかも?
もしそうなったら、
今の自分たちとは
人付き合いの方法が変わります。

そのときには、
定型発達の人が少数派なのかもしれませんね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182607301
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック