2018年02月12日

親自身が抱える問題

カウンセリングを行っていると
相談内容には
「自分の気持ちがわからない」
「自分の価値観がわからない」
「好き嫌いがわからない」
など、自分自身についての
悩みを抱える人が
たくさんいることが分かります。


もしもあなたが
今、子育ての真っ最中で
わが子が大きくなったとき、
上記のような悩みを持つとしたら
それはとても心配なことですよね。

少しは自分の気持ちを理解して
伝えられる子供でいてほしい
というのが親心ってものです。


そこで気になるのは、
【親自身はどうですか?】
ということです。

当ルームの事例として
【親とのかかわり方】によって
この考える能力に
多少の違いがあることが
分かっています。

いくつかの例では
・子供に無関心
・子供だから許された
・答えを子供だけに決めさせた
・親が無口
・何でも否定せず認めてくれた
といった極端な子育てを
経験した人がいます。

その育て方自体が
わが子に向いているかどうかは
子供の性質によります
全員に通用しないのは当然です。

もちろん性格もありますから
一概には言えないですけれど
その育て方の根本が
【実は親がコミュ障だった】
という事例が少なくありません。

もし親側にそのような
心当たりがあるのなら、
勇気を持って
周囲の人や支援者に
相談してみてください。

それは、早ければ早いほど
【子供への影響に
     違いが出ます】

血がつながっていても
【子供は親とは違う人間】であり
【違う人生を歩むのです】

その子供たちにとって
より良い育て方が見つかると
親としても安心ですよね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182394951
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック