2018年01月30日

インフルエンザが怖い理由

先週、
息子がインフルエンザB型に感染し
お互いにマスクを付けて
気をつけてはいたものの
私も簡単に感染してしまったようです。

息子の場合は
発熱によって分かったのですが
私の場合は頭痛から始まったので
「………飲みすぎたかな?」くらいに
大したことではありませんでした。

それが徐々に広がって
「肩こり…酷くなったな…」
と思うようになったので
マッサージ店を検索しました(^^;

それからようやく
37.5℃の熱があることに気づき、
移ったかも?と分かったのです。


検査では陰性で、
熱も38℃まで上がらないし
症状としては
・背中の痛み
・オナカの違和感
・めまい
というもので、
インフルエンザ感染とは
言い切れないものの
念のためリレンザを開始しました。

昨日は1日お休みをいただき、
寝て起きて、風呂に入って…と
休むことを優先したので
本日は復活です!

平熱で、仕事には差し支えありません。

ただ、私が15歳のときも
同じ体験をしているのですが
【解熱しても倒れます】
インフルエンザの怖さは
私にとってはこのことです。

予想外のめまい
急激な血圧の低下などを
体験したので
今も、長時間立ち続けることはできず
座っていてやっと…なのです。

症状には個人差がありますが
私と似たような人は
【解熱後も、
  しばらくの間は
   気をつけてくださいね】
posted by 心療カウンセラー長谷 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182274521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック