2018年01月10日

自分の発達傾向が気になったときは

発達障害にしても性格などにしても、
「もしかして自分は○○ではないか?」
と、思ったときに多くの人が
ネットで予め情報を調べます。

こういった場合に、
気をつけておいた方が
良いことがあります。


それは、
【思いこみすぎないこと】です。

例えば、自分がネットで得た情報で
ADHDやアスペルガーのどちらかに
ぴったりと当てはまったとします。

すると、「自分は○○に間違いない」
と思い込んでしまいがちです。

そうなってしまうと、
いざ病院受診やカウンセリングの中で
自分の思っていることと
違うことを言われてしまったときに
【周りの話を受け入れられない】
状況に陥ることがあります。


例えば、アスペルガーですと
【思い込みの激しいタイプ】
でもありますから
【診断をもらうことで
  自分の見立てを肯定して欲しい】
という欲求が
強くなってしまうことがあります。

そして、
自分の見立てが
間違ってなかったと分かると
【過剰な自信を得て】
【トレーニングも自分でできる】
【一人で何でもできる】
と、目的が変わってしまいます。

また、ADHDタイプであれば
【発想力の豊かさが裏目に出て】
【オリジナルのプログラムを創造し】
失敗してしまう場合もあります。


ですから
もしネットで情報を得たとしても
それが本当かどうかの
見極めは必要ですし、

【ネット上に落ちていない
    生の声を大切にする】
ということを
忘れないようにしましょう。

もちろん、良さそうなことには
何でもトライしてみることは
全然悪いことではないのですけどね、

他にも方法があるよ、という意味では
ひとまず、
【自分だけの判断は置いておいて】
周囲の意見にも
一旦は耳を傾け、
色々な情報を並べてみてから
考えてみると良いでしょう。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182100992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック