2017年12月30日

書くことで言葉をまとめる

相変わらず手帳を愛用している私。
だんだんと、こだわりが出てきて
同じメーカーのシリーズばかり使っています。

最近では外出するのもスマホがないと不安で
スーパーでの買い物は
メモ機能を活用していますが

【脳を休ませすぎない】
ことは心がけています。

スマホは親切すぎます。
・漢字候補を出してくれる
・次候補を出してくれる
・先生が常駐している。笑。

日常がどんどん
便利になるとともに
【脳がどんどん
   退化していく】

年も取り続けているし
その事実は否めません。

ですから、私はみなさんに
書くことを勧めています。

書きながら、思いや考えを
【ゆっくりと表面化させ】
視覚で確認しながら
【ゆっくりと脳と対話する】

この行動こそが
【気持ちの整理に不可欠】なのです。


脳は高速で稼動しているので
【短時間に膨大な量の】
考えや思いを巡らせています。

それを言語化させたとしても
【ほんの一部しか
   発信できません】
アナウンサーのような人たちでも
早口の限界があります。

だからこそ、膨大な量のものを
【書きながらまとめる】ことが
大切なのです。

このブログを読んで
書くことの大切さを
改めて感じて欲しいと思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181984253
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック