2017年12月13日

興味の対象を広げるには

発達障害の傾向を持つ人たちは
【興味の対象が狭く深いので】
それ以外のことを知らない
という場合が多いです。

だいたい一般的に知られていることも
当事者たちが興味を持たなければ
情報として不要だと判断し、聞く耳を持ちません。

広く浅く知ることは、
【何も意味がない】と思っていることがあります。


ですから知らないことが多い分、
その人にとっては
【予想外のことが
  起きる確率が高い】
と言えますし、

【急な予定変更で
   パニックを起こしやすい】
と考えられます。

ですが、学ぶことが好きな人が多いので
【一度興味を持つと
  とても深いところまで】
知識を深めていくことができます。


そのときは、そのことしか頭にありませんから
やはり、世界は狭くなってしまいますが

【少しずつでも
   興味の幅を広げることで】
思いどおりに行かない現実を
【良い意味で諦めて受け入れる】
ことができるようになります。


発達障害の傾向を持つ人たちは、
新たなことを知るための、
「理由」ではなく
【その先に何が待っているか】
分からなくて興味を
持てないことがよくあります。

彼らは
【想像力が弱いため】
自分でイメージしていくことや
それに対する良さを
見つけるのが苦手なのです。

ですから
彼らの周囲の人たちが
何かを知ってほしいときは
【もう一つ先の目的】
【どんなメリットがあるか】
伝えてみると変化があるかもしれません。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181829995
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック