2022年05月05日

愛を感じにくい人

前回、独占欲について書きました。
その中で愛の受け止め方に
注目すると良いとお伝えしましたが、
これについては
【人との距離感が分からない】
というタイプの人も含まれます。

”相互理解と信頼関係”
見直してみることによって
【相手を肯定的に受け入れ】
【安心して信頼し】
愛を交わし合う…といったような
イメージになります。

さて、今回はその中で
愛されても愛されても、
【それを愛と認識できず】
苦しんでいるケースを考えます。
これは以前取り上げた
発達障害傾向を持つ人たちが
なぜ愛情不足に陥るのか?と
共通する部分になります。

ですが、
発達障害傾向を持たなくても
愛を感じにくくなるケースは多々あります。
事例としましては、
一般的な過程で育ち兄弟も仲良く、
友達とも楽しく過ごしてきた人が
「頭では愛されていると
     分かっているのに」
なぜか現実的には愛を感じにくく
常に孤独感に苛まれている、
といったような相談があります。

こういった場合は、
【たとえ素直に愛情表現されても】
それを愛と認識して
満足することができません。
人によって違うとは思うのですが、
【愛されることについての
     認識がゆがんでいて】
その人自身が
【誰かの愛し方も分からない】
といったことが考えられます。

認識の歪みとは、たとえば
・愛しているなら何でも言うことを聞く
・愛しているから暴力をふるう
・愛されたら文句を言ってはいけない
・愛されたら愛さなくてはいけない
・ただ優しくすればいい
こういったことです。

結論から言いますと、
【それは愛でも何でもありません】
何らかの理由によって
それを愛だと勘違いし続けてしまったから
日常的に”愛欠乏症”になるのです。
底なしに飢えている状態ですね。

上記の一般家庭で育ったケースでも
実は細かい場面において家庭内で
”不適切な関わりが多かったため”
愛情不足に陥っていた、
なんてことも考えられるわけです。
*****まとめ*****
「愛」を辞書で引いたら
それなりの言葉がありますが
本当の意味合いでの(感覚を含め)
愛とは?はおそらく
誰も正しく表現できません。
感じ方も人それぞれですから。

ただ、
「優しくされたから好きです」
「私を好きな人が好きです」
といった
【認められたから、
   肯定してくれたから
      相手を愛してしまう】
ということには注意が必要です。

愛を渇望しているとき、
そこには”心の隙”が生まれます。
それを見抜いた誰かが
計算高く優しくしてきて心を奪い、
後々その人を利用するようなことに
つながってしまう可能性があります。

そういった関係性が成立した時に
「独占欲」が生まれやすいかも?と
私は想像しています。

最後に、
愛を感じにくい人は改めて
【適切な関わり方と
      愛し方について】
考えてみる必要があると思います。
それは一人では難しいので
色んな人に聞いてみてもいいし、
年配の人や専門家や、
自分とは立場が離れた人たちの
意見も参考になると思います。

それによって、
これまで自分が本当に
適切な関わり方をしてもらえたか?
愛され方はどうだったか?などを
振り返って整理してみてください。
その時、場合によっては
【歪な状況でしか愛を感じない】
という自分に気づくかもしれません。

これは自分の問題だけでなくて
周囲の関わり方(環境)も関係します。
自分の立て直しをするとともに
周辺の人間関係に変化をもたらし、
適切な関わり方がお互いにできるよう
目指していけると良いな、と思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革