2020年10月10日

ワーキングメモリについて

勉強のし直しは今でも継続しています。
そこで私もおさらい的に
今回の記事を書きますね。

発達障害の傾向を持つ人たちは
”短期記憶が弱い”と言われています。
これについて、最近では
短期記憶のことを含めて
【ワーキングメモリ】
いうようになったようです。
この短期記憶については”作業記憶”
という呼び名もついています。

ここでは今までどおり、
「短期記憶」という言葉で行きます。

ところで、短期記憶って
どのくらいの時間だと思いますか?

以前の私は「5分」という感覚だったのですが
学び直したところ、なんと!!!
【15〜30秒】らしいのです。
めっちゃ短い(;^ω^)

そして、特性を持つ当事者たちは
その15〜30秒のことを覚えていられない。
それはとても大変で
辛いのではないかと思ったのです。
「嫌なことをすぐに
   忘れられるからいいじゃん」という
考え方もあるとは思うのですが…

何が大変かって、
【会話の途中で
  何を話していたか
    分からなくなる】ってことなので
・論点がずれていく
・相手に責められてしまう
・誰も会話したがらなくなる
・避けられてしまう
・自分でもわからなくなる
といったことが連続してしまうのですよね。

つまりは、
会話がかみ合わないから
【敬遠されてしまう】ということです。

例えば、どうでもいい雑談とか
イヤな話題などだったら
忘れられると良いかもしれませんが
【会議や意見交換】などの場で
このようなことが起こってしまうと
当事者にとっては
辛いものでしかないと思うのです。
*****当事者の方へ*****
当事者の感覚では
【自分が忘れていることに
       気づいていない】
ということも多いかと思います。
なかなか直接ハッキリと
言ってくれる人は少ないですからね。

だけど、周りの反応を見ながら
「もしかして自分も?」と感じたら
その時は以下の方法を試してください。

これまでは、
支援側に伝えてきたことですが
誰にでも支援の手があるわけではなく
また、一人で活動するのが大人なので
当事者も
【自分で予防策を考えて対応する】
ということが大切かと思います。

そこで、
短期記憶が弱いかも?と思うなら
大切な話の時には必ず
「今、何についての話題か」
「議題は何か」などについて
【手元のメモに大きく書いておき】
時々それを見るようにしてください。

許される環境であれば
コピー用紙などに大きく書いて
【常に目に入るところに】
その紙を置いておいてください。

話の本筋から逸れてしまうと
話し合い全体が曖昧になってしまうので
【当事者自身で
  話を戻せるくらいのつもりで】
少し挑戦してみてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害