2020年10月03日

温度差のある関係

前回に続き、人との距離感や
関係性の考え方について
取り上げてみたいと思います。

あなたは、誰かと関わるとき
その相手との
熱量というか勢いみたいなものを感じて
「温度差があるなぁ…」なんて
思ったことはありますか?

特に、承認欲求の強い人や
自分の素晴らしさを知らしめたい人は
・いかに自分が素晴らしいか
・どれだけ能力が高いか
・自分の武勇伝
などについて熱く語りがちです。

こういうとき、周りの人には
その熱量の差が、勢いが
うっとおしくて仕方ありません。

このタイプの人たちは
【相手のことを知る必要はなく】
【自分を認めてくれればいいので】
周りが本人に合わせているだけで
気分がよくなりますし、
そういった
【承認してくれる相手を友達】だと
勘違いしていることが多いです。

前回の内容に遡れば、
友達と呼べるくらい
【お互いのことを知っているか】
などの基準は関係ないタイプなので
「自分のことさえ知ってくれて
 肯定してくれれば友達だ」と言い、
相手がその関係性を望んでいないのに
「君は友達だ」と断言します。

また、
自分のことを聞いてもらっただけで
【分かり合える関係が築けた】
勘違いしていることも多いです。
*****当事者の方へ*****
おそらく、
このタイプの人の大半が
この記事を読んで「自分のことだ」とは
思わないと私は考えていますが
一応、当事者に向けて…(;^_^A

誰かと会話するときには、
【熱量もスピード感も
     自分でコントロールする】
ということが大切です。
これができていない場合には
一方的になってしまい
【おしゃべりではなく演説】して
相手に押し付けているだけになります。

これは、
【会話のキャッチボールではなく
      言葉のデッドボール状態】
だとイメージすると分かりやすいです。

相手は受け取る気もない。
逃げるに逃げられない。
ただ、言葉をぶつけられて痛いのに
笑って賛同しろと求められている。

こんな自分勝手なことが
当事者にだけ”許される”という
その
【認知の歪みが
   人間関係を悪化させ】
さらに承認欲求を高めているのです。

人に分かってほしい、と
強く思うということは
【自分自身が
   自分を受け入れていない証拠】
でもあります。

こういった場合には、まずは
自分の弱さに向き合うことから始めましょう。
この課題を最初から
【他人に預けること自体が
        間違っている】
知ってほしいと思います。

自分を受け入れられるようになると
承認欲求は減ってきます。
なぜなら、
周りの誰にも理解してもらえなくても
自分が一番よく理解できているから。
”それでいい”となるからです。

今回は、あまり参考にならない
記事内容だったかもしれませんが
誰にでも言えることは
【相手に合わせた温度、
       スピード感で】
ということですね。

心当たりはなくても、
これを読んでくださっている人は
今一度、自分のことを振り返ってみてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革

2020年10月01日

肩書が変わりました

事前予告を
させていただいておりましたが
2020年9月30日をもって
【カウンセラーを辞めました】
15年間、ありがとうございました。

少し、精神医療の世界から
距離を置きたくなっていた私。
肩書を外すことで
ちょっとだけ肩の荷がおりた気がします。

…で?これからどうするの?
って聞きたくなりますよね(;^ω^)

ですので、今後の活動について
記事にしてみたいと思います。

そもそも、
カウンセラーを辞めたいと思ったいきさつは
カウンセリングが日本に浸透して
カウンセリングの敷居が下がり、
それによって
【クライエントからの無茶振り】
私が耐えかねたことが理由でした。

言い換えれば、依頼したい人にとって
カウンセリングが何なのか分からないまま
・自分の要求を呑んでくれるところ
・言いつけどおりにしてくれる相手
・機嫌を取ってもらうところ
などなど【謎のオーダー】
増えてしまったためです。
(そういう対応ももちろんありますが…)

また、
「カウンセラー」と名乗る業界の
幅が広すぎる!(;´・ω・)
下手したら私、
カツラを勧めないといけなくなっちゃうw

だから、出した結論が
【私の得意分野と専門を強調しよう】
ということだったのです。

ですから、
本日から私は、明確なテーマを掲げます。
・発達障害関連の相談及びスキルトレーニング
・自己成長や人生そのもののコンサルティング

もちろん、この内容自体も幅広いものですから
お話を伺ってみないと分からないですが
これまで以上に
【できることと、
     できないことを明確にし】
お客様の満足度を上げることも目的の一つです。

肩書は、「トレーナー兼コンサルタント」で、
SNS上では【生き方サポート】です。

色々と対応しながら考え続けた今、
【誰かや何かに合わせて
     生きることではなく、
        自分がどう生きたいか】
ということに焦点を当てるのが
人々の一番幸せな考え方だと思います。

ただ、社会の中で生き抜くためには
問題点を洗い出して課題を立てて
取り組んで改善することは大切です。

そう考えると、
私の肩書でも幅広い対応が
必要になりそうですね。
*****まとめ*****
カウンセラーとしての私は
一旦お休み、と考えていただいて。
本日から、
トレーナー兼コンサルタントとして
【お客様の気持ちに
    寄り添う姿勢を持ちつつも】
さらに具体的な問題点の洗い出しや
課題・トレーニングメニューの作成をし、
お客様が
【感情で無駄に考えないで良いように】
淡々と取り組んでいただけるような
そんな活動をしていきたいと思っています。

ここで考えられるのは
・愚痴だけこぼしたい人
・雑談をしたいだけの人
といった方々も対象外になってしまいます。

カウンセリングに高いお金を払うのですから
お客様ご自身が「元を取れるように」
【目的をもって】ご依頼ください。

今後も精進してまいります。
活動内容からすると、
結果的には”精神医療の領域”に
私は存在することになってしまいますし
ネット上の情報の中には
”カウンセラー”のまま
残ってしまっているところもあると思います。

それについては随時変更していきますので
これからも、
どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内