2020年08月16日

一貫しても理解が得られない場合

発達障害の傾向を持つ人たちと
上手に接していくためには
・シンプルな言葉選び
・発言に一貫性を持たせる
・短文にまとめる
といったことが大切です。

「、」をたくさん使って
長い文章を話していると
当事者の頭の中は
少しずつグルグルしてきて
ボーっとしたり他の事を考えたりして
伝えたいことが伝わりません。

アスペルガータイプも
ADHDタイプも、どちらも
【集中力が長く続かない】
考えておいたほうが良いでしょう。

さて、こういったことを基本として
当事者との関わり方を学ばれる人が
お客様の中にはいらっしゃいます。
難しいとされているのは
・言葉を削ること
・言いたいことをまとめること
・一貫した考えにすること
つまり、当事者の対応で大切な
上記の3つの真逆になります。

私たちは、感じたまま思ったままに
言葉を発してコミュニケーションを取り
お互いが【何となく理解し合って】
関係が深まっていくものなのですが
これを当事者とやろうとすると
【支離滅裂なコミュニケーション】
なってしまう可能性が高いです。

そして、当事者を困惑させないために
一番気をつけておいてほしいのが
【一貫性を持たせる】ことです。

例を作ってみました。
(当事側の言い分)
”この前会った時は、
 りんごが好きだと言っていたのに
 昨日は桃が好きだと言っていた。
 私はあの人の好きなりんごを用意したのに
 桃が好きだと言われたので
 りんごをプレゼントできなかった。”

この場合、私たちは単純に
「どっちも好きなのね」と処理して
迷うことなく、リンゴをプレゼントできますが
当事者は
【点と点をつないで
     線にするのが苦手なので】
”どっちも好き”という考え方に
向かわない場合があるのです。
そのため、「前に言ったことと違う」と
困ってしまうことが少なくありません。

一貫性を持たせるためには
「りんごが好きだけど、桃も好きです」
という言い方に変換させたり
「〇〇以外は好きです」にしたりします。

ただ、今回のテーマのとおり
支援側が一貫した話し方をしても
【当事者の言語理解力が低ければ】
なかなか上手く伝わりません。
また、特にアスペルガータイプの人は
多くの情報を持ちすぎているため
【脳内にある情報の引き出しが
         全部開いてしまって】
全然違うことを考えだすことがあるので
会話が成立しません。

「どうやっても伝わらない」
なんてことは、よくあることですし
「この前ダメだったけど、
  今回はすんなり理解してもらえた。」
ということもあるのです。
ですから、一貫しても理解が得られない時は
・話を延期にする
・伝えた内容を当事者に確認させる
・紙に書いて残しておく
といったことで対応してみてください。
*****当事者の方へ*****
上記のようなことがよくある、という場合
【言葉を言葉通りに受け止める】
ということを意識してみましょう。

点と点をつないで線にできないのなら
【その場の情報をシンプルに受け止め】
果物の例で言うなら、
桃が好きだと言っている相手だけれど
この前は
【間違いなく、
  りんごが好きだと言っていたから】
りんごをプレゼントすればいいのです。

発達障害の傾向を持つ人たちは
【考え方が独特であるという前提で】
自分の考えを自己対話で終わらせず
相手から話を聞いた時点ですぐに
【復唱して確認すること】
お互いの意思疎通が図れます。

そこを省略するから
「勝手な解釈をする人だ」と
誤解を招いてしまうのです。
【分からなければ聞く】
それを恥ずかしいと思うのは
発達の特性とは別の問題です。

特性を持つ人たちの”あるある”として
一つの情報がインプットされると
【長い間、同じ行動をくり返す】
ということがあります。

例えば、りんごが好きな相手に
会うたびにりんごを渡し続けることで
喜んでくれる人もいるでしょうが
【食べたくない日もある】わけで…。
毎回、相手の気持ちを
当事者が知ることはできませんが
他のことについても同様に
【やりすぎず、ほどほどに】
心がけて人に接してみてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害