2020年08月06日

記憶が都合よく変わる

またまた、前回の続きになるのですが
発達障害傾向を持つ人たちは
”定型発達の人に比べて”
ついさっきのことを忘れてしまったかと思うと
20年前のことを
【あたかも最近体験したかのように】
話し始めるなど
【記憶に関する矛盾】が多いです。

その中で、
記事の後半にも書いた通り
【都合よく記憶が書き変わり】
それに対して周囲の人は
「恥ずかしくないの?」
「何とも思わないの?」
「自分さえ良ければそれでいいの?」
といった悪い印象を持ってしまいます。

ですが常にお伝えしている通り
当事者たちは基本的に
【平和主義で温厚】という点は
共通していると思いますから
決して悪意があるのではなく
どちらかというと
【本気でそうだと信じ込んで】
発言している場合の方が
多いのではないかと思います。

ただし、
時には”忘れたふり”をして
その場をしのごうとする傾向もあり
【嘘が見え透いているものの】
それを区別することが難しいです。

当事者たちの短期記憶について
彼らが全てを忘れてしまうのではなく
好き嫌いや興味の基準によって
覚えている内容が違っていたり
【自分に都合の良い部分だけを】
覚えてしまったりします。
*****当事者の方へ*****
これは、私が直接かかわってみて
「こうしたらいいのにな…」と
思えることがありましたので
それをアドバイスに含めます。

何度も言いますが、
【誰にでも勘違いや
    間違いはあります】
だから、当事者たちだけが
完璧な記憶を求められるわけではないし
言い間違いを許されない、
というわけではありません。

そして、当事者たちは
ちょっとだけ、その頻度が多いので
【自分の記憶に確証がない】
という前提で
人と関わっても良いかと思います。

どういうことかというと
時間の経過とともに記憶が書き変わり
自分の記憶が正確であるという
証拠がないので
【勘違いも含めた前提で】
色んな話をすることが大切です。
(完璧主義の人には大変なことです)

もしも、
自分の記憶が絶対だと思っていると
相手に「いやそれは、こうだったよ」と
指摘されたときに
【否定された気持ちが先走り】
それがパニックに繋がるのです。

かといって相手の言うことを
全部鵜呑みにしろというわけではなく
自分なりに思い出しながら
【相手と記憶の確認を繰り返し】
その場で情報を得るようにしましょう。

どうしても相手が引き下がらず
話し合いに応じてくれない場合には
【一時的に、その人の時だけ譲って】
「そうなんだ、ふーん」くらいに
流せるようになるとさらに楽でしょうね。

難しい話の内容になれば
こんなふうに簡単にはいかないですが
まずは普段のくだらない話題から
このような心づもりでいると
相手との関係がこじれにくくなります。

最後に、異性間での問題について。

こういったやりとりの中、
どうしても自分を曲げられない当事者は
【証拠を見せろ、録音しているのか】
言い出すこともあります。
だけど実際に録音などをされて
当事者自身の間違いを指摘されると
またパニックを起こしますよね。

何でもパニックを起こせば
その場をしのげるわけではないし
【相手にも気持ちがあるのだから】
一方的に暴言を吐いて
その場をしのいでも
【嫌な気持ちは消えません】
それが恋人や配偶者だったら
嫌われて別れにつながります。

だから、特に異性との関係では
「勘違いだったかな…」
「あ、ごめんね」などと
【一時的に思いを譲り合うような】
関係づくりを目指してください。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害