2020年06月16日

それは一旦置いておいて?

前回のブログでは
悩みを解決するためには
原因を探る方向を内(自分)に向けて
その解決策を自分で見つけられないなら
色んな人に聞いてみるといいよ。

その時、
自分の思い込みが邪魔をして
他人の意見に批判的になったり
ただ一つの解決策を信じたりして
上手くいかないこともあるよ。

ということが
全体的に伝えたい内容でした。

今回はその続きで
【人の意見と
   自分の意見が混同して】
話を素直に聞けなかったり
自分の考えが分からなくなったりして
悩み過ぎないため、
”それは一旦置いておいて”の
考え方について書いてみますね。

こういった表現の言葉は
発達障害の特性を持つ人たちにとって
【イメージしにくい言葉】なのです。

例えば、
「首が回らないよ」「火の車だよ」
みたいな言い回しなのですが
辞書上での言葉の意味は分かっても
現実的に
【具体的な状況が浮かばなくて】
理解できないことが多いようです。
だから、
「一旦置いておいてってどういうこと?」
と戸惑う人も少なくないかと…。

”一旦置く”というのは、例えば、
人の考えを聞いているときを想像します。
相手は、相手自身の意見を話しています。
その状況では
【自分の意見が
    どうなのかは関係なく】
ただ、相手の意見を聞くだけです。

そこで、自分の考えが切り離せないと
・相手の言いたいことを
      先読みしてしまう
・話を遮って自分の話をしてしまう
・自分の考えを否定されたと
       勘違いしてしまう
ということが起こりやすくなります。

【人の話を
  最後まで聞かずに
    自分の事ばかり考えると】
相手との関係は悪くなりますし
せっかく意見を集めようと思っても
その目的が果たせなくなります。

これが、
「どうせ人とは分かり合えない」
といった新たな思い込みを
生み出してしまうのです。
*****当事者の方へ*****
自分の考えや気持ちは
一旦置いておく、とは…
【今は考えるタイミングではない】
という意味だと思ってください。

具体的に書いてみます。

例文「私は原宿のクレープが大好き」

発達特性を持つ人たちの脳内では、
「私は原宿の…」の段階で
「原宿、そういえばカレー屋があったな
   あそこのカレーは上手かったな」と
別のことを考えています。
そして次の「クレープが大好き」を
聞き落としたり
カレーのことで頭がいっぱいになって
相手の話を遮ったり
無視したりしてしまうのです。

また、相手の話を聞きながら
【自分と比較する癖のある人は】
相手の意見が自分と真逆の時
【自分が否定されたと怒り出し】
せっかくの意見交換の場が
ケンカ別れの場になってしまいます。

ですから、
自分の悩みを解決するときだけでなく
新しい情報が必要な場合などには
【人の話を最後まで聞きましょう】
という、
単純でシンプルな言葉でまとめます。

相手の考えと、自分の考えは
違っていて当たり前なのです。
だけど相手の新しい情報を知ると
自分にも役立つ部分があるかもしれません。
ただ、それだけのことを
複雑に捉えようとせず
【聞く時は、聞く!】
心の中で自分に言い聞かせてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害