2020年06月13日

悩みを解決するためには…

何らかの悩みを抱えたとき
何かの問題が起きたときに
人は、その原因のありかを
”外に向ける人と内に向ける人”
分かれると言われています。

「外」とは、自分以外のもの、
つまり「誰かや何か」です。
「内」とは、自分自身です。

そして、
どちらかというと
【内に向ける人の方が
   解決・成長しやすい】です。
よく聞く言葉で言えば
「他人と過去は変えられない、
  変えられるのは自分と未来だけ」
この”自分”に当たると考えてみてください。

外に原因を向ける人は
「自分がこうなったのは〜のせいだ」
という考え方になりがちなので
「周りが変われば自分が変わるよ」と
言っているようなもの。
それは、他人に変わってほしいと
思っていることと等しいです。

もしそれを本気で実行しようとすると
【暴力的・傲慢・強引・自分勝手】など
周囲との関係を悪化させてしまうような
トラブルが続くと思います。

それから、
内に向けるタイプの人たちでも
成長できる人とそうでない人に分かれ
簡単に言ってしまえば
【ただ責めるだけの人と
  問題点を探ろうとする人】です。

ただ責めるだけの人は
何かが起きるたび、ひたすら
【自分に悪口を
   言い続けているだけ】です。
それは”自分いじめ”なので
極端に表現すると
【見えない自傷行為】にも思えます。
これでは
心が痛んでしまいますよね。

そして、無意識に責めることを
クセ付けてしまっているので
言葉にはしなくても
【他人の荒探しが好きだったり】
【他人のミスを許さなかったり】
【他人も批判してばかり】
良好な関係は築けないでしょう。
*****当事者の方へ*****
特性の有無には関係ない話ですが
発達障害特性を持つ人たちも
幼少時代から人との違いを感じ
自信をなくしていることでしょう。

表面上は立派に
振る舞っているつもりでも
特にアスペルガータイプの人たちは
【自分にも他人にも厳しすぎて】
人間関係で困っているかもしれません。

「だけど、考えても
  解決策が見つからないんだ」
こう言われる人もおおいです。

その時点で、
「絶対にこれでうまくいくはず」という
・思い込みに気づく
・他人の意見を取り入れる
・自分のミスを許す
ということが大切かかと思います。

思い込んでいる時は
”一方向”でしか考えられないもの。
もっと多面的に物事を見つめること。
そのためには
自分以外の新しい意見が必要。
それによって発見が生まれる。
それに気づけなかった自分を
責めて批判するのではなく
新しい情報を得ようと頑張った
その、自分の行動を認めること。

次回は
”それとこれとは別”について
記事を書こうと思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革