2020年03月31日

人の年齢を知らない

発達障害に関する相談を受ける中、
統計的に「多いな」と感じたのが
【家族の年齢を知らない】
ということです。

アスペルガー傾向を持つ人たちは
【人に対する興味が薄く】
それは家族関係にも及びます。

例えば、相談者自身が
特性を持っているだけでなく
【両親に特性がある場合】
子どもを育てるなかでは
最低限のお世話はしますけれど
【情操教育に興味がなく】
(というか苦手な親が多く)
子どもの情緒面が育たないまま
大人になってしまったケースも
少なくありません。

カウンセリングでは
”成育歴”についても聞きますが
その中で気づいたことが、
「家族の年齢を知らない」ことでした。

また、年齢以外でも
答えられないことが多いのが
【どんな関わりを持ってきたか】
【どんな話をしたか】などで
あまり覚えていないことが多いです。

ですが、暴力的な両親の家庭の場合は
【自分がされた嫌なこと】について
具体的には表現できないようですが
【当時の怒りがそのまま残っていて】
大人になった現在でも
似たような場面に遭遇すると
【フラッシュバックが起こり】
パニックになったり
火が付いたように怒り狂ったり
場合によっては暴行に及びます。

これは、とても辛いことです。

別に、家族の年齢を知らなくても
それは大した問題ではありませんが
残念なことは
【家族間の関わりの希薄さ】によって
大人になっても困っている人たちが
たくさんいるという事実です。
*****当事者の方へ*****
自分自身に特性があって
それを自覚している場合には
ある程度の”苦手”についても
把握できているかと思います。

その中で子育てをしている人たちは
自分自身が
人との関わりが苦手だとしても
【公共の支援を活用して】
なるべく多くの方々と
子どもを関わらせてあげてください。

ある程度、子どもが大きくなったら
【自分の苦手を伝えて】
子どもにも理解を求めてください。

親(大人)である自分にも
【できることと
  できないことがある】
小さい頃から子どもが知り、
「ダメなところがあっても大丈夫」と
子どもが周囲に対して
【肯定的に考えられるように】
早い段階で教えていくのも
良い人生になるかもしれませんよ。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害