2020年02月22日

会話のバトンの扱い方

以前から、
私がよく使う「会話のバトン」ですが
発達障害の傾向を持つ人の中には
【会話のバトンを奪う】タイプが多く
相手の人が困惑してしまうことも
よく起きている問題の一つです。

その”バトン”のイメージが
今一つできない人もいるようで
もう一度説明したいと思います。

(本当は絵で説明したいけど
  絵心ない私には拷問www)

例えば、
バトンに「昨日何してた?」と
書かれているとします。
私たちは、バトンを受け取り
その質問の答えや、連想される言葉などを
くっつけて相手に戻します。
これを何度もくり返すのが「会話」です。

それを
発達障害傾向を持つ人に当てはめると
次のようなイメージになります。
・バトンの言葉を消して別の言葉を書く
・バトンを受け取って捨てる
・バトンの受け取りを拒否する
・バトンに言葉をくっつけない

つまり、大ざっぱにいうと
【聞かれたことに答えない】
【話したいことだけ話す】
【聞かれたことしか答えない】
といったような
”お返し”ができない
話し方になっているということです。

会話のバトンは、
【自分に向けられた
   大切な贈り物です】
だから丁寧に取り扱って
【お返しも丁寧に】
できるといいですね。
******当事者の方へ******
人との関わりが苦手なために
話しかけられると
パニックになりやすかったり
相手の求める答えを探したり
脳内が忙しいことと思いますが

まずは
【相手の話を最後まで聞き】
【分からない所は質問し】
【聞かれたことには答える】
という基本的な姿勢を作るよう
取り組んでみてください。

そのためには
落ち着ける相手を選び、
練習してもらうことが大切で
慣れた相手に
【いつもと違う会話を求め】
手伝ってもらってください。

ロールプレイをやってみても
良いかもしれません。
最初から無理だと決めつけず
【失敗ありきの練習を】
くり返すことを重視してくださいね。
(失敗しなければ、
 問題点が見つからないので)

最後に相手の人と
【フィードバックすることも】
忘れないでください。
良かった点と悪かった点、
どちらもピックアップします。
その人の
【存在がダメなのではなく】
やり方をより良くするための
フィードバックだということも
忘れないようにしましょう。

会話のバトンを落とさないよう
丁寧にお返しができるよう
練習に取り組んでみてください。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害